2017年10月14日

全力、ムスメ。byいなやん

今日は、娘の保育園の運動会でした。
保育園では最後の運動会。演技も競技も目一杯がんばって、立派にやり遂げて。
過去の運動会のシーン、それこそぐずって走らなかったり親元に戻ってきたり、
そんな過去が一遍に思い起こされて、それを経ての今の娘の姿。
我が娘の成長に感動してしまいました。ええ、親バカですが、何か?

そういえば、最近とみにおしゃべりになった娘。
それは、言い換えれば語彙が増えた、脳細胞が増えてきたってことで、そう思ってなるべく止めないようにしようと思っています。話すことは聞くことであり、考えることであります。五感を使った刺激があることは、基本いいことです。多分、もう遠くないうちに、嫁が言い負かされる日も近いと思います。
他にも毛糸を使った編み物みたいなのに興味を示したり、点つなぎの本に夢中になってたりします。これからどんな子になってくれるのでしょうか。

そんな娘は、夜、運動会でもらったメダルを大事に飾って眠りにつきました。


posted by しろやん & いなやん at 23:52| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

INY47。byいなやん

はい。本日はワタクシの誕生日であります。
ついに47になってしまいました。赤穂浪士。
とくに感慨はないですけれども、60まであと13年だなぁ・・・と思ったら、
このブログを始めたのが13年前だったということをふと思い出し。
しろやんと一緒に始めた時が33。若造ですがな

これまでやらなきゃと思ってやれてないことが山積みなので、少しずつ消化していかないといけない。とりあえず今週末から始まる『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第三章 純愛篇』を見にいかなきゃ。
posted by しろやん & いなやん at 19:45| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

いなやん的築地問題。byいなやん

人生初の築地市場。
都営大江戸線の築地市場駅を降りた途端、
そこはかとなく漂う魚臭。低い日本人率。
そして、多くの魚たちの出会い。

DSC_0029.JPG
OH! TUNA HEAD!!
posted by しろやん & いなやん at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ひとつになろうぜ by しろやん

カラスですけどね。
もっと凄いの見たことあるんだ。
さいたま市というか旧大宮市には意外と自然が残っていて、市民の森とか芝川・見沼代用水の周囲はいわゆる田園風景が連なっていたり、のどかな景色が目を楽しませてくれるのだけど、それはある夕方。
市民の森の北側の道路、大砂土中方面から土呂に抜けていく途中で芝川にかかる橋を渡るのだけど、そこでね無数のカラスが群がっていたんですわ。
歩道上の何かを集団でついばんでいる。真っ赤なそれはおそらく車に轢かれた猫であるようだった。
夕焼けで辺り一面も真っ赤でさ。
エヴァシリーズがこれでもかと空中から食らいつく図をリアルで目にしているようだったよ。
不謹慎ではあるのだけど写真に撮っておけばよかったと後悔している。
心のフィルムには完全に刻まれたけどな。

さて、「仮面ライダー ビルド」ですが、めっちゃ面白いです。
姿は「ダブル」、設定は「カブト」、敵は「キバ」、仲間感は「ファイズ」ともう平成ライダーの良さを闇鍋風にブチ込んだ快作。
そして、いい意味でツッコミどころが満載。
一番思うのは「日本を3つに分けた壁……低くねぇか?」だが。

主題歌がまた平成ライダーっぽくてステキなの。



TK+浅倉謎の外人女性ボーカリスト
ザッツ・エイベックス・ワールド。
「Be The One(ひとつになろう)」って、今のところ「ビルド」のストーリーからあまり感じられないキーワードなんだが、そのうち戦兎龍我が合体変身とかするのだろうか。
あるいは美空ちゃんと?(オープニングではボトルしゃかしゃかしてるもんな)

どうでもいいが美空ちゃんのいっつもパジャマみたいな恰好でウロウロしてるの好こ。

posted by しろやん & いなやん at 23:58| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

2人のYS。byいなやん

いま、沢口靖子がCMで下手な歌を歌っている。
『すきだよね〜 つき、だ〜よね〜』
聴くに耐えない。

1984年の第1回「東宝シンデレラ」グランプリ受賞以降、30年以上東宝の看板女優を張ってきた大女優にも弱点はある。お世辞にも沢口靖子は歌はうまくない。彼女は歌ってはいけないのだ。本人は一生懸命なんだろうが、歌が聞こえてきたらボリュームを下げるか、チャンネルを変えるか、その両方か、をしてしまいそうだ。






よく聴くとお判りだと思うが、沢口靖子と他の人とで音階が微妙に違う。この微妙さ加減がさらに耳障りなのだ。誰だ、彼女に歌わせようとした奴は。企画した奴、わざとだろ。アムロ・レイだったらこう言うに違いない。
「なぜ靖子を巻き込んだんだ?靖子は歌を歌う人ではなかった!」


さて、その沢口靖子を世に送り出した第1回「東宝シンデレラ」では準グランプリとなったのが斉藤由貴である。審査員の1人から決勝前に「グランプリは君だ」と言われてその気になっていたら武田鉄矢の一声で(グランプリは武田主演の『刑事物語3』に出演することが決まっていたため)沢口にかっさらわれ、その審査員に詰め寄ったという逸話?もある。同年の少年マガジン第3回「ミスマガジン」でグランプリをとったことでアイドル路線でブレイク。晴れて東宝と契約し現在までの活躍とつながる。

この2人は同じイニシャル「YS」。同じ東宝芸能所属、ほぼ同期。それぞれNHKの朝の連続ドラマ主演も務め、何かと比較されることも多い2人だが、決定的に違うところがある。それは・・・
斉藤由貴は歌が上手い。惹きつける何かがある。

斉藤由貴、不倫騒動後初ライブ

ここのところ不倫騒動で辛い立場に置かれている斉藤由貴。いろいろとその魔性ぶりが取りざたされているが、彼女は32年前、「AXIA」というカセットテープのCMソング『AXIA〜かなしいことり〜』という曲の中で、その片鱗を披露している。その魔性ぶりというか、小悪魔ぶりが如何なく表現されていたのは、何の因果か偶然か。



のっけからひどい。
『ごめんね 今まで黙ってて ほんとは彼がいたことを
言いかけて 言えなかったの 二度と逢えなくなりそうで』

その相手じゃなくても、おいおい、となるところだろう。挙げ句、
『いつまでもこうしていたいけど 帰れないけど帰るわね
これから誰を愛しても ふたりは胸が痛いのね』

思わず「帰るんかーい!」と突っ込みたくなる連れない言葉。続けて、誰を愛しても二人は胸が痛いとか、お互い様ねと言わんばかりの、あまりの身勝手さに返す言葉もない。そしてとどめに最後、
「そっと私を捨てないで〜」と歌うのだ。
恐ろしいまでの小悪魔ソングである。

歌詞の世界では、恐らく当人は好きだの何だの決定的な一言は言ってない。でも相手が自分に好意を寄せているのは多分知っていてそれを受け止めているけど、告白かなんかされて「ごめんね…」となるわけだが、その泥沼必至の場面を、天性ともいうべき声質と表現力で、驚くべき透明感をもって瑞々しくサラリと歌い上げてしまう斉藤由貴。よくよく考えたらデビュー曲の「卒業」でも『卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう』なんて、なかなか計算高いところも見せたりしてるが、本人もそういう空気、気配を漂わせる人なんだろうねぇ。なんだろう、恐らく。邪気もなく、悪気もなく、透明感のままで、いつのまにか手玉にとってます、みたいな。まぁ女性は受け付けないのかもしれないけど、男性側から見て彼女を悪く思う人はいないんじゃないかしら、多分。

繰り返すが、斉藤由貴は歌はよいので、それこそ谷山浩子や玉置浩二も作品を提供していて、実はおいら1枚だけアルバム持ってます。
しかもMD(笑)。
DSC_0034.JPG

posted by しろやん & いなやん at 22:46| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

バウバウ、神保町。byいなやん

今日、神保町の交差点で信号待ちをしていたところ、ふと目を横にやったら、なんとそこに高田文夫がいた!もちろん声をかけるなどすることもないが、見る角度が良かったのか、白髪だったけどすぐに高田文夫だとわかった。

早速オフィスに戻ってその話をしたのだが、一様に「高田文夫って誰?」と言われてしまった。ほら、あの高田文夫だよー、バウバウの高田文夫!誰かがネットで調べて「あーあー、この人知ってる」と認識してもらえてよかった。そっか、高田文夫の名前だけじゃ若い人には認識してもらえないのね。有名人なのに。

東京という地で仕事をして20年以上になるが、あまり街中で仕事中でない、いわゆるプライベートの時の有名人に出くわすことはないねぇ。まぁ、渋谷や六本木や新宿あたりなら頻繁に目撃できるんだろうけどね。それでも神保町界隈は意外と多くの著名人が来ているはず。要は自分が認識できていないということ。

そんな中、これまで出くわした有名人と言えば、新橋を歩いているせんだみつおとか、電車に乗り組む脇知弘だったり、新幹線待ちをしている中尾彬だったり、山手線のホーム階段を下りていくコント赤信号小宮だったり、まぁ何と言うか、渋いところしか出くわしたことがないワタクシ。裏返せば、そういう人に気がつくアンテナは持ち合わせているということなんだーね。


posted by しろやん & いなやん at 19:12| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏 byいなやん

2017年ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 日本生まれの英国人作家

なんだろう。村上春樹じゃなくて、なんか嬉しい。応援している人には申し訳ないですが。
ハルキストですか?毎年毎年なんか・・・(以下。自粛)

posted by しろやん & いなやん at 22:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

残酷な小池のテーゼ。byいなやん

今日仕事で外回りをしていたら、ホラーな光景を見てしまった。
なんと、道路横の歩道でカラスがハトを食っていたのである。
カラスが襲ったのか、すでに死んでいたハトをついばんでいたのか。
道の上はハトの羽毛が一面に広がり、ハトの首から上は無く、いずれにしても、自然の残酷な側面を目の当たりにしてしまった。

「うわぁ・・・」
でも、何だかそれは何かを暗示しているかのようでもあった。
カラス(タカ派・小池)がハト(ハト派・リベラル)をついばんで食いまくっている。
後に残るは落ちた羽根(落選)の山だった・・・ってね。

小池率いる「希望の党」。どうなんすかね。
若狭も細野も離党組。そこに民進から公認求めて擦り寄ってきた候補者たちによる、まさに「寄せ集め」政党だ。どうせ近いうちに離合集散を繰り返し、別の形になるだろう。理念も大義もへったくれもない。さらに惨めなのは、尻尾振ってやってきたのに公認されなかった連中だ。利用価値が無いと烙印を押されたようなものだ。その点では、大義のない解散とかヤンヤ騒いでたけど、立派に大義があったじゃないですか。こういう無節操極まりない政治家が白日の下にさらされたわけだ。

多分、衆院選に小池は出ないと思いますけどね。
優秀な政治家は、負ける戦はしないもんですよ。

posted by しろやん & いなやん at 20:43| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ウルトラセブン50周年に思ふ。byいなやん

50年前の今日、1967年10月1日、エポックメイキングな作品が放映された。
その名は『ウルトラセブン』。
今でも大人から子どもたちまで心を掴んで離さない。古いんだけど古くない。怪獣やロボット、星人たちのユニークかつ秀逸な造形。ウルトラホークや基地などのメカデザイン。見終わった後、ふと深く考えせられるドラマ性。ひし美ゆり子さん演じるアンヌ隊員。等等。

今なお様々なウルトラシリーズが誕生しているが、その源流は、もちろん「ウルトラQ」だったり「ウルトラマン」だったりするのだけれど、この「ウルトラセブン」が登場したからこそ、ここまで続いたのではないかと思っているし、恐らく多くの方がご納得いただけると思う。最終回、ダンとアンヌのシーンは、もはや子ども番組をはるかに超越している。

50年経ったことだし、封印された12話をそろそろ解き放して欲しいと切に願うのだが、それはやはり無理な願いかなぁ。ちなみに、
現在も公開されている「散歩する侵略者」は、作者は絶対セブンを意識してると思うのだが。そのタイトルからして。どうでしょう。

posted by しろやん & いなやん at 16:38| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

まさに国難。byいなやん

TBS“偏向報道”に安倍首相が大逆襲

安倍首相出演のNEWS23で「モリカケ!」

昨日、衆院解散を発表して早速各メディアに出演。
解散の意図を伝えるためには生放送の番組で語るのは確かに有効だ。
会見の話なんてどう編集されるかわからんもんね。

でも、昨日たまたま「NEWS23」見ちゃったんだけどね、まぁひどかったですよ。
首相の、こういっちゃなんだが日本の代表である長がですよ、どんな内容であれ、懸命に話をしてるにもかかわらずですよ、真ん中に座っている星浩?ですか?話なんか聞いてねーんだよ。目線落として手元なんかいじって。おまえ誰だ?そんなに偉いんか?いやーひどかったですねぇ。

本当に失礼な番組だ。
あんまり失礼なので、速攻チャンネル変えましたけどね。
モリカケなんて、どーでもいいんだよ。
そんな瑣末な問題に飛びついて、国の内憂外患、本当に大事な部分を差し置いて、モリカケモリカケってなんだよ。その方が視聴者も飛びつくってか?バカにするのも大概にしろ。っていうか、バカになるからこんな番組見ないほうがいい。

もう報道はTBSは見ないほうがいいですよ。頭が悪くなります。

posted by しろやん & いなやん at 20:33| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする