2019年01月23日

とってもカワウソウな話。btyいなやん

カワウソ密輸で男2人逮捕

1匹ずつ、竹筒のようなものに入れてスーツケースで運び、5匹中4匹が死んでしまったとか。なんちゅーこと。
知らなかったが、実はカワウソは日本でもペットとして飼えるらしい。でも個体数が減少し、輸出制限もあって手に入れるのが難しいんだそうな。価格は60万円から100万円もするらしいね。本当に悪趣味としか思えない。もうさ、そういうのペットにするなよ、って話。

動物愛護を声高に叫ぶつもりはないが、本来野生で生きる動物を少なくとも人間の都合に合わせて生活させるって、やっぱり思い上がってると思うわけですよ。しかも今回のように竹筒みたいなものに入れて運ぶとか、完全にモノ扱いじゃないですか。動物はおもちゃ(もてあそび)ではない。人間は数々の生き物のおかげで、食したり、利用したり、または害獣としてやむなく命を奪ったりすることもあるけれど、基本的に生命に対する尊厳を見失ってはいけない。それは、例えば昆虫といえども、ワシの娘がムシピンで刺されている標本をみて「かわいそう」と思うようなぐらいでないと。

ペットは家族です、とか、相棒です、とかいう人もいるけれど、それも結局はこちら側の価値観でそう思ってるだけで、当の動物たちがそう思ってるかどうかなんて誰もわかりやしない。であれば、できる限り動物たちに配慮した接し方をしなければならない。

カワウソだけに、カワウソウ(可哀想)な話・・・なんて、洒落にもならない。




posted by しろやん & いなやん at 13:23| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

すべて君たちの星座。byいなやん

打ち合わせ先から会社に戻る電車の中での話。
向かいの座席に、高校生ぐらいの男子と小学2、3年生ぐらいの女の子(私立小学校と思われる)が座っていた。たまたま隣り合った2人は、2人とも本を読んでいた。男子はコミック(単行本)を読んでいる。タイトルはわからなかったが、声こそ出さないが、こらえきれずに笑いながら読んでいる。昔よく見たふつうの学生さんという感じだ。片や、隣に座っていた女の子はというと、なんと小倉百人一首の本を読んでいる。すごいぞ、女の子。その子が、ふと視線を男子側に向ける。いったい何を読んでるんだろう、とでもいう感じで。十数秒目をやったが、その後静かにすっと視線を戻して、自分の本に戻る。その振る舞いがなんとなしに大人びていて、また、すごいなぁと感嘆してしまった。
良し悪しではなくて、スマホ全盛のご時世でたまたま電車で本を読む二人が隣り合わせになって、この男子は純朴だし、女子はしっかりしてるなという話。二人の子たちの将来に幸多かれ!と心から思った次第。

さて、最近娘が星座に興味を持ち出した。
なので、冬空でわかりやすいオリオン座や冬の大三角形の話、そこからオリオンを刺したさそり座の話や、ヘラクレスに踏みつぶされたかに座(娘はかに座)の話などをしてあげたら、がっつり食いついた(笑)。おもしろーい!もっと話して!!とせがまれたので、先日、星座と神話の本を買ってあげた。とっても喜んでくれて一生懸命に読んでくれているので、良かったと思っている。「らしんばん座」や「ポンプ座」「望遠鏡座」「はえ座」なんて変わった星座の名前を見ては、嬉々としてワシに教えてくれる。

子どもに星座の話ができて良かった。
ワシが星座について、多少知識があるのは小山田いく先生のマンガのおかげである。小山田いく先生は3年前に亡くなってしまったが、比較的初期に『星のローカス』という作品があった。“青春群像”なんて、今では口にするのも恥ずかしいが、それを星座や星の神話になぞらえながら描かれた作品である。とにかく小山田先生の作品は無茶苦茶読み込んだ。小山田先生の単行本はほぼ全作網羅しているはずだ。
『星のローカス』を読むうちにギリシャ神話に興味を持った。そして、それをきっかけにして自分でさらに調べたりとかして知識も深まった。おかげでこうして娘に教えてあげられているのだから、まんざらそこに費やした時間も無駄ではなかったということだ。少なくとも、その瞬間は「おとうさん、すごい!」と評価されているはずなのである。

『星のローカス』は、Kindleで読むことができるらしい。便利な世の中になったものだ。
616thctPC+L__SY346_.jpg


これまでも折に触れ書いているが、小山田いく先生の作品に興味をもったのは10歳離れた従兄の部屋においてあった少年チャンピオンのおかげである。子どもの興味がどこから湧いて、そこから何を見出すかは、まったくそれぞれであり、それこそ星のように数多ある。そして、平面的に見える星座も実は地球までの距離がバラバラで、星の光が届くまでの時間に差があるように、それぞれにその瞬間があるので、できるだけ拾い上げて、何かにつなげて形を作ってあげたいなと思う。まさに娘の「なんで?」との勝負だ。


きっと、遠からず彼女は「望遠鏡で星が見たい」と言い出すに違いない。
それはそれで素敵なこと。今からその日が来るのを楽しみにしている。



posted by しろやん & いなやん at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

不定期連載「地図帳ひろげて音楽。」第84回。「ENCORE!!ENCORE!!」byいなやん

小田和正、<ENCORE!!>ツアー閉幕。10万人動員のアンコール公演開催へ

小田さんの昨年のツアー『ENCORE!!』で、6月の地震で延期になった大阪公演が一昨日・昨日と行われて、晴れて本当の“オーラス”。行きたかったけどねー。行きたかったけど、追加公演があると知ってましたからね、ここはぐっとガマンであります。

今日のスポーツ紙の芸能欄には、大阪公演とツアー終了、そして追加公演と
NHK BSプレミアムで2月2日に放映される特集番組について記事が出ていて、関東で買える6紙を“全買い”。いやー至福。

追加公演のツアータイトルは、
「Kazumasa Oda Tour 2019 “ENCORE!! ENCORE!!”」

2回重ねてきました(笑)。

アンコール! アンコール!

最近、アンコールを待っている間、声を出す輩が増えてきたのだけれど、

アンコール!を叫んで、うるさがられるのがチューリップなら、
アンコール!を叫んで、拍手喝さいを浴びるのが小田和正のコンサート。

追加は5か所計10公演。うーん、全部行きたい!
それは無理ですが、あと何か所か追加するかもみたいな情報もあり、途中で挟むのか、本当のオーラスでドームみたいなところでやるのか。とにかく、今年も楽しみが出来てありがたい限りであります。


3月 宇宙戦艦ヤマト2202最終章
4月 チューリップ
5月 小田和正
6月 小田和正
7月 チューリップ


おお!なんかイベントが続く。

posted by しろやん & いなやん at 16:32| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

平日スタート。byいなやん

長い年末年始休みも昨日で終わり、今日から仕事始めであります。

この「しごとはじめ」なんですが、
『仕事始め』と『仕事初め』で書き方を悩んだりしません?
ワシはいま、ちょっと悩んだ。

で、『仕事始め』が正解なんだってさ。
まぁ、わからなくもない感じではあるけれど、だったら、
書初め(かきぞめ)の場合は、1年で最初だから『初』をつかうわけでしょ。
じゃやっぱり『初』の方が意味としてあってるんじゃない?とも思ったり。
うーむ。

ま、そんなことはいいんですが。
今日は初日ということで、ほかの社員とともに、会社近くの神田明神に行ってきました。

DSC_0329.JPG

うーん、いい天気だ!
今年もたくさんのサラリーマンの皆さんが、商売繁盛願ってたくさん来てましたよー!

とにかくトラブルなく無事にすごせますように。

posted by しろやん & いなやん at 19:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

あれからもう1年。byいなやん

楽天、星野元監督悼み黙とう 死去から1年

今日は星野監督の命日です。

昨年の突然の訃報から1年。
いまだに信じられない感じですが、もう1年も経つのです。
その間、いろんな媒体に星野監督の名前が出てきて、
そのたびにこの人の影響力を大きさを感じるわけです。
もちろん亡くなったときも監督ではなかったわけですが、つい
自分の中での星野仙一は『監督』のイメージがこびりついております。

昨年は散々だった楽天でしたが、
今年こそは勝って、星野監督にいい報告をして、
そして、本当に良い意味で、星野から脱却してほしいと願うのです。


posted by しろやん & いなやん at 20:34| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

2019年!始まる。byいなやん

みなさま、
あまけして、おでめとうございます。
本年も「世相を斬る!」をよろしくお願い申し上げます。

正月をぼーっと過ごすのもアレなので、
今日から家族で温泉に行くことにしました。群馬県の猿ヶ京温泉。

一昨日まで降っていた雪が心配で、
昨日宿泊地に連絡してみたら「積雪15cm」というもんだから、
ついにチェーンを買って万一に備えたわけなんだけど、
奇跡的に道中はさほど雪が積もっておらず、
高速も、高速を降りた普通の道も、問題なく車で行けた。
せっかく買ったチェーンの出番がなかったのは残念だが、
まぁ、そんなもんです。万全を期して使わずに済む、ってのが
防災の基本って話ですわ。

line_1546331902862.jpg


しかし温泉はいいね。
一応、源泉というふれこみで、多分それだからだと思うのだが、
入ると皮膚がピリピリする。でも、それがいい。
娘も温泉が「気持ちよかった」と喜んでおった。うん、それがいい。

風呂入って、酒飲んで、飯食って、寝る。
至福のひとときではないか。

ちなみに2019年、
わしは勝手に「ブレイクの年」と命名しております。


posted by しろやん & いなやん at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

物欲兄さんが行く。その59「年納め!総括、2018年」byいなやん

どこからともなく現れた物欲霊にとり憑かれ、全財産を物欲に捧げてしまう哀れな一人の男。人は彼を「物欲兄さん」と呼ぶ・・・

今年も恒例、2018年の物欲振り返りの回がやってまいりました。
で、振り返ろうと思ったのですが、実は意外と今年は紹介できるような買い物をしていないのね。いやー、とにかく今年はコンサートと2202しかなかったからねぇ。物に費やす余裕がなかったようです。それでも、なんとか5つ、見つけました。今年も粛々と物欲総括ランキングです。

第5位 宇宙戦艦ヤマト2202 フィギュアモデル系
今年もやっぱりヤマト三昧でした。まんまと敵の戦略に乗っております。Blu-rayはもちろん、作りもしないプラモデル6体、戦艦のフィギュアモデル3体。とりあえず来年3月の最終章まで、この流れは止まらない。というか、ここまで来て止められませんわ。さらに先日紹介したアシェットみたいなのも出てきて、もうどうしたものかと思っております。

とりあえず、ここでは来年3月末に発売予定の超合金魂をご紹介。

71QH8ji-OWL._SL1500_.jpg
超合金魂 GX-86 宇宙戦艦ヤマト2202
ハイ、飾るところはもはやありません。


第4位 [炭酸水]サントリー 天然水 南アルプス スパークリング 500ml×24本
自他ともに認める“ペリエバカ”であるワシは、毎月Perrier(ペリエ) ライム をダース買いしているのだが、今年ちょっとしくじって登録しておいたクレジットの期限更新を忘れて、定期便がいったん終了してしまった。慌てて更新し直して注文したところ、納品まで2か月ほどかかるという。そこで代替として購入したのが、この「サントリー 天然水 南アルプス スパークリング」である。1本の量はPerrierの750mlより少ないものの、本数は倍の24本。掛け算すれば、12000ml対9000mlで、南アルプスの勝ち!しかも、これで南アルプスの方が価格が安い!味も悪くないし、何といっても容器がペットボトルで軽くて捨てやすい。本気でこっちに鞍替えしようかと考えた。結局Perrier(ペリエ) ライムには敵わず、2か月のみの購入だったが、なかなか良い商品だと思う。

61rFldJlbEL__SL1421_.jpg
[炭酸水]サントリー 天然水 南アルプス スパークリング 500ml×24本


第3位 小田和正 この道を / 会いに行く / 坂道を上って / 小さな風景
まぁ、今年一年は小田さん三昧でしたね。ツアーに何度も足を運びそのたびに感動して、そのひとつひとつが財産。形に残らない分、それは永遠なんだろうと思うわけです。このマキシシングル、全4曲ですね、もちろんコンサートで全曲披露してくれましたが、1曲1曲聴くたびにそのシーンが蘇ります。本当にありがたいことです。小田さんがこれからどれほど活動を続けるのか、とても予測はできませんが、その音の感覚というか、記憶があれば、きっとこれからもやっていけるような気がするのです。

61oMBGrLOFL.jpg
小田和正 この道を / 会いに行く / 坂道を上って / 小さな風景


第2位 SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3
ずっとBOSEを使用してきたのである。BOSEのノイキャンは非常に優秀だし、サウンドも着け心地も抜群だった。だがしかし。たびたびの接触不良に悩まされた。いつも右側の音が出なくなる症状に見舞われてしまった。最初のものを修理に出したのは以前このブログでも書いたのだが、実はそれも程なく同様の症状で、再度送り戻すことに。満を持した3台目、何とこれも同様に右側が聞こえなくなってしまったのである。こうなると、もうBOSEとは合わないんだ、縁がないんだと諦めるしかない。いうなれば、『坊主(ボーズ)をやめて、僧に(SONY)なる』という感じか(爆)。
そこで今回購入したSONYのノイキャンヘッドホンだが、これがなかなかどうして、いい音を聴かせてくれる。これならこれでいいかな?という感じ。ただ、SONYにも最大の欠点がある。それは、着けていると耳が非常に熱くなることである。冬場は暖が取れるのでありがたいが、夏場は外では使えない。B&O play BeoPlay H3を使うしかないなぁ。とにもかくにも、今回は壊れませんように。

51QvVMWF2HL__SL1100_.jpg
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3


第1位 DAHON Dove Uno
さて、今年の3月に「折りたたみ自転車が欲しい!」とブログに書いた。その後の続報を書いていなかったのだが、実はちゃんと購入。結局購入したのは、DAHON Dove Unoだった。そんな頻繁に乗っているわけではないけれど、確かにコンパクトにたためて、我が家のキューブの後ろに娘の自転車と合わせて2台余裕で積み込める。最初はとまどった折りたたみも、今では慣れてさほど時間もかからない。タイヤも14インチながら漕ぐのも楽だし、一漕ぎでスーッっと距離が稼げる。上り坂もあまり苦にならない。素晴らしい折りたたみ自転車だ。
唯一といっていい難点は、サドルが固いからか、はたまた小さいからか、乗ってるとお尻が痛い。多分ちょっとした座布団とかクッションがあると、だいぶ軽減されるのだろうけれど、今のところまだ試してはいない。
なんといっても娘と一緒に自転車に乗れるのは最高だ。本当に楽しい。今年本当に買って良かったと思える一品。

img01.jpg
DAHON Dove Uno

ということで、今年の物欲兄さん第1位は、DAHON Dove Unoに決定。
昨年に引き続き、今年もなかなか良い買い物ができたと満足している。

来年はどうかな。そろそろスマホを持とうかな。
あるいはスマホを中心としてPC周りを新しくしようか。
そんなことを画策中。来年も物欲兄さんは続く。。。

posted by しろやん & いなやん at 01:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

聴き納め。byいなやん

今年はとにかくライブに行く機会が多かった。
財津ソロ、小田さん、TULIP・・・1年でこんなに足を運んだのは久しぶり。1か月で3回行ったこともあり、それなりにしんどかったが、それも今日で聴き納め。今日は東京国際フォーラムでTULIPのコンサート。

財津氏はますます調子よく、元気に歌ってくれたのが嬉しい。

そして、ついに『夢中さ君に』を歌ってくれた。

大病から復帰、今年一年やってきたけど、ソロやTULIPにおいても、これまで『夢中さ君に』は演奏されなくて、やっぱり体力的に厳しいんだなと思っていたけれど、こうして12月になって聴くことができて、やっと歌えるまで回復してくれたんだと思うと感無量である。もっとも、パンフレットを見る限り、いつかは歌ってくれるだろうとは思ってましたけどね。でも、実際にそれが現実となって、素直に嬉しかった。

一方ちょっと心配なのが姫野氏。
「心の旅」で声が飛んでしまって、以降、声がほとんど出せなくなってしまった。
その前の「ぼくがつくった愛のうた」では、無茶苦茶声が出ていて、「お、今日の姫野氏も調子がいいじゃん」なんて思っていたのだが、好事魔多し。アンコールの「銀の指環」でも声が出せず、途中で財津氏が助け舟を出していたのがなんかよかった。会場も姫野氏を助けようと、みんなで歌って盛り上げたりして、それはそれで感動的だった。姫野さん、お大事に。


しかし、相変わらずファン層は品がない。
始まって3〜4曲目、通路挟んで反対側に座っていた女がスマホを弄り出した。そう、22列67番のあなたですよ。どうやら関係者だったらしいのだが、関係者だか何だか知らないが、最低限のルールと節度は守りなさい。1度目は、まぁ休憩中に注意しようかと思ってやり過ごしたのだが、こともあろうことか2度やりだしたので、さすがにキレた。曲が終わってすぐに「スマホはダメですよ」と注意した。それからはやらなかった。

コンサート中盤の生ギターコーナーでは、他愛のないトークが繰り広げられる中、今度は自分の真後ろにいた女性が、たいしたことないトークネタにゲヒャゲヒャと、まるで妖怪のような笑い声で、品のないでかい声で笑う。耳障りこの上なく、挙句、姫野氏のトークで「かわいい〜」とか言いやがって、おいおい、66歳の、孫もいる人に向かって、それは失礼というものだろう。こいつもどうしたもんか、と思っていたが、まぁ生ギターコーナーだけだから、と思い直し、やりすごすことにした。

すると、生ギターコーナー終了後の15分間の休憩中、なんと、その妖怪笑い婆に肩を叩かれ、声をかけられたのである。曰く、

「さっきは注意してくれてありがとうございました。
私も気になってたのー!グッジョブ!

さきほどのスマホを弄ってた人に注意した件です。
妖怪笑い婆に褒められてしまいました(爆)。見知らぬ人からグッジョブとは。いやはや。


ま、いいです。
それでも今回は気の合う方と一緒に行けたので、とても楽しく過ごすことができました。ありがとうございます。

実は、TULIPのツアーは来年も続く。
オーラスは安部さんの命日である7月7日福岡。
来年も、もうちょっとライブに足を運ぶことなりそうだ。娘ともまた行きたいしね。

posted by しろやん & いなやん at 23:39| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月28日

物欲兄さんが行く。その58「ラスボス登場?」byいなやん

どこからともなく現れた物欲霊にとり憑かれ、全財産を物欲に捧げてしまう哀れな一人の男。人は彼を「物欲兄さん」と呼ぶ・・・


ついにきた。

恐れていたことが。

アシェット・コレクションズ・ジャパン
『宇宙戦艦ヤマト2202 ダイキャスト ギミックモデルをつくる』


bl02_img01.png

・2019年1月30日創刊

・1/350スケール !

・全長950mm !!

・全110号 !!!

・プレミアム定期購読で総額222,890円 !!!!

おい・・・どうする、これ。

実はこれ、半年前に試験販売されまして。
でも4号ぐらいで休刊となって、残念ながらも安心したところもあったのですが。
なんと満を持して全国販売。

12年前に同じく1/350プラモデルとして宇宙戦艦ヤマトが発売されたことがあります。
2006年購入から干支一回り、1度も箱から出していない(※いや、パッケージデザインが素晴らしかったので箱を飾るだけでも見ごたえあり)。完成すれば766mmになって、それでも相当でかいのだが、2018年の今回はさらにでかい950mm(※これは設定が2199から全長が大きくなったため)。さらに、かかる費用は総額20万以上!2006年の当時の購入金額は37,750円だから、6倍近くもかかってしまうことになる。
また、110号ということは、2年以上はかかることに。これは相当の覚悟が必要である。まさに、

いなやん、覚悟を示せ! by沖田十三

なのである。

さて、どうしたものか。。。
少なくとも2年は死ねない。間違いなく。



posted by しろやん & いなやん at 20:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

ピータン豆腐 byいなやん

今日、会社近くの立ち飲み屋に行った。

ここのピータン豆腐が絶品で、同僚と「ちょっと飲もうか」となると、ここを利用することが多い。

基本的に安いし、立ち飲みという気軽さがいいので重宝している。

ワシが来るたびにピータン豆腐、ピータン豆腐と騒ぐのですっかり覚えていただいて、
「今日はありますよ!」なんて声かけてくれる。
常連とまではいかないけれど、覚えてもらって嬉しいじゃないか。


年納めというのもあるけれど、今日行ったのはもうひとつ理由がある。

ここのご主人が年内(今月末)を持って、いなくなられるのである。
お店は引き続き残るので、いまは引継ぎの真っ最中。でもせっかく自分を覚えていただいたのに、なんだか寂しい感じがする。
今日は常連さん一人一人にお礼を言って、頭を下げていた。やっぱりちょっと寂しい。

帰り際、「ピータン豆腐は残りますから!」と声をかけてくれた。

また行かざるを得ないじゃないか(笑)。
これまでごちそうさまでした。どうぞお元気で。

posted by しろやん & いなやん at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする