2017年12月11日

店子に恋っす by しろやん

はい、釣り部です。
休みのたんびに川に出勤しておる。
いや寒くなったらやめようという考えはあるのだが、今日も天気が良くてなぁ。
前回と同じ川だけど、ポイントはだいぶ上流。
同じところ2回目で、前回も今回もカワセミが近くの枝にとまっておった。
今日は捕食シーンまで見られたよ。
今度は望遠持って行って撮影も兼ねようかな。
釣果はご覧の通り。

小鯉
一匹目でいきなりデカイの来た。小鯉。20cmくらいかな。
こいつ数時間後にバケツから勝手に飛び出して自力で川に戻っていった……。
持って帰る気はなかったので、どうぞどうぞの気持ち。

大田諸子
相変わらずタモロコはよく釣れて今日も最後には18匹になったんだけど、
過去最大サイズがこちら。ウィキペディアでも12cm前後まで育つと書いてあるんだが、
12cm以上あったなぁ(今までの最高は8cmほど)。元気なかったのでリリースした。

鰱
1匹だけ、タナゴ釣れた! うれしい!
珍しく腹に刺さって釣れたという。ヤリなのかな?
平ぺったくてカワイイ。めっちゃ元気で撮影しようとしても跳ねまくってブレブレ。

そんなわけで淡水小物釣り楽しいぜ!
でも、そろそろ海も視野に入れたいなぁ。

posted by しろやん & いなやん at 23:27| Comment(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

ノンフィクション(フィクションじゃないとは云ってない) by しろやん

FNS歌謡祭、たまたまそのとき観てたんだけど、
平井堅×平手友梨奈の「ひらひらコンビ」によるコントが物議を醸しているようで。

かぶっちゃったよぉ…

あれがダンスなのか何なのかよくわからなかったのは、
平手さんが制服だったせいですね。
バレリーナの格好をしていたらすんなりダンスっぽく感じられたことでしょう。
股間に白鳥がいたらやっぱりコントですが。

あとバッグかぶって紙吹雪とかもわかりづらかったですね。
バケツに水だったらよりダンスっぽかったことでしょう。
ただのタライが勝手に落ちてきたらコントですがね。

表現って、むっず香椎
posted by しろやん & いなやん at 19:14| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

エスカレートするエスカレーター問題。byいなやん

近頃のニュースで、所謂、エスカレーターの片側空けについて、取り上げられている。
エスカレーターの片側に立つ(左か右)⇒ 危険 ⇒ だから歩くのはやめよう という論。
これまでもたびたび巻き起こる、古くて新しい話題である。

いつだったか、後楽園駅のエスカレーターに乗っていたところ、隣のエスカレーターが急停止したことがある。もちろん、急にビタッと止まったわけではなく、多少の遊びを持って止まったことを付記しておく。確かに、こういうときにエスカレーターを歩行していたら(まして下りなら特に)、ケガをする人もいるだろうなぁ、と想像出来る。故に、エスカレーター内の歩行は危険なので止めたほうがいい。それは合点がいく。

しかし、こないだ見た番組では、片側空けと両側立ち、どっちが輸送効率がいいかと実証実験をやっていて、結果両側立ちの方が輸送効率が良かった、だから両側立ちが良いという誘導には首をかしげる。利用する我々にとって、輸送効率が云々などどうでもいい話だからだ。エスカレーターの片側空け問題は、急ぐ人がいる、急がなくていい人がいる、その棲み分けをどうするかを考慮した結果根付いた、いわば“文化”である。

『エスカレーターは歩くことを想定していない』というのもよく聞く理屈である。であれば、「ならば、」と問いたい。ならば、なぜ想定したエスカレーターを開発しないのか。『片側だけ歩くと部品の消耗が早い』という話もある。利用者からすればどうでもいい話だ。『立ったまま乗っても歩いても、そんなに時間は変わらない』という声もある。しかし、変わるかどうかは人それぞれだろう。デパートの中の1階から2階ぐらいの距離ならとやかくは言わないが、例えば、後楽園駅の南北線まで降りるエスカレーター、新宿駅の大江戸線に降りるエスカレーター、大手町の半蔵門線の降りるエスカレーターの絶望的な距離はどうだ。大手町なんて、もはや階段もないというのに。羽田空港のモノレール改札口を出てから搭乗口まで行くエスカレーターはどうだ。搭乗締め切りギリギリの時間でもエスカレーターを歩くな、というのは無理があるようにも思う。

だいたい、こういう議論が起こるたびに、「片側空ける派」「両側に立つ派」という対立軸ができて、結果、お互いに嫌な気分になるのだ。エスカレーターを歩行して怒られたり、逆に両側に立つことで、急ぐ人から一触即発のオーラを背中に受けるなんて羽目になったり。誰も救われない。

そもそも、急ぎたい人たちにとって、立ち止まっていろ、という方が無理な話。不自然なのだ。ルールを前提に論議を進めるのではなく、実態に即した仕組みを作ることこそが、公共性に必要なことではないかと思う。急ぐ人、そうでない人との棲み分けとかね。


posted by しろやん & いなやん at 18:36| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

まさに「合縁奇縁」。byいなやん

わしが気に入っていたラーメン屋、
『匠の麺処 逢縁喜縁』が、先月末11月30日に閉店した。
171205_201058.jpg

ここのつけ麺をわしはこよなく愛していて、だいたい週1ペースで通い、注文するときは必ず「並・あつ盛」と決めていた。ここの大将というかご主人が、時々玉子とか肉をサービスしてくれたりなんかして、とてもありがたいお店だったのだが、先月中旬かな?例によってつけ麺を食べているとご主人がやってきて、「体力の限界で11月末で店をやめることにした」と教えてくれた。今後は同系列のお店の店員にこの店を譲り、別の名前で再オープンするのだそうだ。

神保町はカレーの町という印象が強いが、実はラーメン屋も相当数ある。先日閉店がニュースになった「さぶちゃん」のような老舗や、ラーメン二郎など行列のできるラーメン店は多い。また、突如誕生してはいつのまにか消えていく泡沫なラーメン屋も多い激戦区なのだが、その中でも『逢縁喜縁』のつけ麺は本当に上手くて、魚粉が投入された濃厚スープにツルモチな太麺が絶妙に絡み、何度食べても飽きの来ない最高のつけ麺だった。実は随分前に嫁と娘で食べに来たこともある。

先月末の最終日も食べに行ったのだが、仕事の関係で時間が合わず、あいにくご主人にお会いすることができなかった。それでも、仕事が終わって帰る際に覗いてみると、ご主人がいらっしゃったので、中に入って、がっちり握手(これが嬉しい)、挨拶をすることができた。

ご主人は『(店が新しくなっても)つけ麺の味は変えませんから!』と約束してくれた。
それが嬉しいじゃないですか。そして寂しいじゃないですか。
こうなりゃ、新しい店にも行かないといかん。

ほどなく店は改装工事が始まった。ご主人の話だと今月下旬ぐらいにはまたオープンするという話なので、何事もなかったように、店主の変わった新しい店が始まるだろう。それまでの間だけだろうが、こうして貼り紙を見て、一抹の寂しさが去来する今日この頃なのである。


posted by しろやん & いなやん at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

どうしても。byいなやん

愛子さま、16歳に。

やっぱり思っちゃうよね。どうしても。
思ったでしょ?ね?ね?

71umQk3UQEL__SL1500_.jpg
『アイコ十六歳』

富田靖子のデビュー作。
やっぱし、かわいいなー。

posted by しろやん & いなやん at 19:13| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

不定期連載「地図帳ひろげて音楽。」第73回。「最高でしょ?」byいなやん

安全地帯 ALL TIME BEST「35」〜35th Anniversary Tour 2017〜

171124_172745.jpg

昨日、武道館公演に行ってきました。
安全地帯のライブに行くのは6年ぶり。武道館は7年ぶりだ。

17時開場の18時開演予定。 早ぇ〜よ!

会社を早めに切り上げ、武道館へ。

171124_173017.jpg
外には特設の撮影スポットも。

座席は残念ながら2階席。だけど南側だったのが幸いし、真正面で全体が見える!

171124_173456.jpg
安全地帯のマーク「V」を象ったステージ。

7年前は確か北側座席をすべてつぶしてステージにしていたが、今回は違う。ステージの真裏にもしっかり席が用意されていた。つまり北側の席の人は出演者のほぼ背面しか見られないということ。あるいは、熱狂的な視線でステージを見ているアリーナ席の観客の顔が見られるので、それはちょっと不思議な体験だったかもしれない。

そして肝心のステージ。いやー、これが無茶苦茶良かった。素晴らしい。
あまりのカッコよさにナミダ出た。

2時間超、MC無し。18時10分過ぎに開演し、終了が20時15分ぐらいかな、普通なら短くて「もう終わり?」って感じになるのだが、とにかくしゃべり無しで演奏しまくるから、濃厚。アンコール入れて2時間で24曲。ぎゅっと凝縮された感じで、あっという間ながら、ものすごい充実感と満足感だ。

全体的は原曲から半音〜2度ぐらい音階を下げていて、普段から安全地帯の曲を聴きまくっている方からするとちょっとした違和感があったが、その分ボーカルの声が安定していて安心して聴くことができた。そうそう、安心できるといえば、今回は玉置特有のアレンジ、もはや原曲を留めない、崩した例の歌い方、あれが影を潜め、割と忠実に歌っていたね。

安全地帯35周年ということで、もちろん押さえるツボは押さえつつ、中には「え?そんな曲も?」という選曲もあり、本当に至福の時間だった。基本、安全地帯にいわゆる“捨て曲”はないが、まさにそれを実証する、メインディッシュ100%なコンサートだ!

1.ワインレッドの心
2.デリカシー 
3.1991年からの警告
4.Lonely Far
5.熱視線
6.好きさ
7.プラトニック>DANCE
8.蒼いバラ
9.月に濡れたふたり
10.恋の予感
11.碧い瞳のエリス
12.Friend
13.夕暮れ
14.夢のつづき
15.遠くへ
16.銀色のピストル
17.情熱
18.真夜中すぎの恋
19.じれったい
20.悲しみにさよなら
21.ひとりぼっちのエール
22.あなたに
〜アンコール〜
23.I LOVE YOUからはじめよう
24.あの頃へ


このラインナップで2時間通し。立ち上がったファンは最後まで座れず。でもアリーナは盛り上がってたなぁ。2階席で全体が見えたのは本当に良かったんだけど、アリーナでみんなと一緒に盛り上がりたかった。個人的には「デリカシー」「遠くへ」が聴けたのが最高。もうイントロが流れた途端、鳥肌モン。やっぱりこのあたりの曲は安全地帯の脂が乗りに乗った時期の曲だからね。何というかな、聴いてる方からすると、手に入らないものが手に入ったような、そんな感覚なんだ。

それにしても、ほぼ休憩なく(アンコール前に1度引っ込んではいるが)2時間演奏し続けるって結構大変だと思うのね。プロだから当然なのかもしれないけれど、間違えずにタイミングとかアレンジとか、バンドとして相当練習してると思う。いやほんと、素晴らしかった。最高でした!!!

そんな素晴らしいステージを自分も見たかったな〜と思った皆様に朗報。
35周年の安全地帯、武道館ライブをWOWOWで
見に行った11月24日の公演が、年明けた1月14日にWOWOWで放送されます!
必見でしょ!!

posted by しろやん & いなやん at 19:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

過ぎ行く時間はDATの如く。byいなやん

82年に脱退後初!小田和正、オフコースの盟友・鈴木康博と35年ぶり“共演”

昨日はお仕事だったので、ナマで聴くことは叶わなかったが、我が部屋に鎮座する機器を駆使して、無事、録音することに成功。番組終了部分や、テープの入れ替え等で数分間の空白はできてしまったが、週末はそれこそエアチェックをしている風で番組を楽しみたいと思っている。

「今日は一日“小田和正”三昧」
本来、この手の番組はスルーしてるのだが、NHKがミニ番組で何度も番宣(テレビなのにラジオ番組を)しているので、それなりに局として力を入れているのだろうと思い、今回はスルーしないことにしたのだが、問題は10時間、インターバルを含めれば10時間30分の長時間をどのように録音するか。これはなかなか骨の折れる話だ。

こんな時のために、オーディオ用のHDDレコーダーを買っておくべきだった、と思った。
実は以前チョット検討した頃もあったのだが、結局断念した。もし迷わず購入していたならば、10時間超の長時間録音も容易かっただろう。本当に買っておけばよかった。しかし、今となっては、それはちょっとできない相談ね〜(by中森明菜)である。最近はラジオもインターネットで聴くことができて録音もできるのが、所有しているPCが古いこともあり、不具合で停止状態に陥ることも十分にありうる。そうなると対処できないので、それも却下した。

こんな時、やはり頼りになるのはアナログ機器だ。ワシの自慢の機器たちが、本当に久しぶりに本格稼動。

TUNER:PIONEER F-777
DAT:PIONEER D-07A
オーディオタイマー:AKAI DT-129
アンプ:marantz PM8001
スピーカー:PIONEER S-A4SPT-VP

DSC_0049.JPGDSC_0050.JPGDSC_0048.JPG

アンテナはF-777と室内のTV用アンテナ端子を繋いでおり、ノイズも少なく良好に聴ける。D-07Aは長時間モードで録音。予備で持っていたテープDT-120RAを使えば4時間は持つので、3本ぐらいをうまく切り替えれば十分にいけるだろう。D-07Aは20年以上前のシロモノで、実際試しに使ってみたところ初めは動作も不安定で恐る恐るだったが、使っているうちに機嫌よくなってくれたのか、しっかり役目を果たしてくれた。ほんと見事。やっぱりアナログ機器は使わないといかんね。AKAIのDT-129なんて、もはや30年以上前のものだけど、いまだ現役で、こうしてまだ役に立つ場を作れたことを、我ながら嬉しく思っている。

今回、予備で持っていたDATテープも開封し使用した。DATだけでなく、昔のカセットテープやMDの未使用のものもいくつか持っているけれど、やはり使わないとその価値はないわけで、躊躇なく使った。
もうDATテープ自体が軒並み生産終了してしまい、入手が困難となってしまっているのは残念である。こんな良質で扱いやすい媒体は他にないのに、その後のデジタル機器の発展の前に淘汰されてしまうのは非常に惜しい。所有していたのは購入当時で¥680の値札が貼ってあったが、今購入しようとしたら未開封だと単品で2〜3千円するのもザラである。もったいないので、一度録音したけどいらなくなったテープも捨てずに取っておかないといけない。断捨離よ今いずこ、である。


posted by しろやん & いなやん at 17:06| Comment(0) | オーディオ・ホームシアター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

胸騒ぎ、しかない。byいなやん

アニメ『宇宙戦艦ヤマト2202』第四章 デスラー復活

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第四章「天命篇」の最新ビジュアル、特報映像及び場面カットが公開された。
第三章を見た人ならデスラー登場は皆知ってるし、もとより2202が始まった段階で規定路線だ。それ自体は何ら問題は無い。山寺宏一続投も当然だ。だがしかし。

にも関わらず。

何だろう、このドキドキ感。もはや不安しかよぎらない。
頼む、杞憂であってくれ(>_<)。

1510908040.jpg



posted by しろやん & いなやん at 21:40| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ついに。byいなやん

初。

DSC_0041.JPG

posted by しろやん & いなやん at 16:55| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

はるまゲドン。byいなやん

日馬富士廃業も 貴ノ岩のスマホ操作に激高しビール瓶と素手で殴打

これが事実なら引退、廃業は免れないかと。残念だね。
これまで八百長事件や“かわいがり”事件、横綱に関しては過去に北尾とか朝青龍の件など、大相撲界を揺るがす不祥事はいろいろあったが、ある意味今回は最大級と言っていい。
しかし「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎、右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」という診断書が本当だったとして、その後の稽古シーンがTVで流れてたけど、普通の表情だったし、そもそも稽古に参加できるのか?
【日馬富士暴行】貴ノ岩「診断書」の謎
しかもたったの全治2週間なんて。これは事態の収束は長引きそうだ。

日馬富士は礼儀に厳しかったという。
日馬富士だけに、他人に厳しくとも自分の酒癖にはあま(安馬)かった、ってか。

posted by しろやん & いなやん at 18:30| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする