2016年12月31日

物欲兄さんが行く。その53「年納め!総括、2016年」byいなやん

どこからともなく現れた物欲霊にとり憑かれ、全財産を物欲に捧げてしまう哀れな一人の男。人は彼を「物欲兄さん」と呼ぶ・・・

さて、恒例であります年間の物欲総括です。
今年はですね、いろいろ所有していたものが不調だったり壊れたりして、その代替品を購入するというケースが多かった。このままビデオデッキとかHDDとか動かなくなったりすると、それはそれで困る。大量の所有ライブラリーを別のものに移す作業をこれから急ピッチで進めないといけないなぁ。ということで、粛々と今年の物欲総括ランキング、スタート!

番外 007 スペクター ブルーレイ版スチールブック仕様
いきなり番外なんだが、007シリーズ最新作「スペクター」のBlu-ray。普通ならランキングしておかしくないのだけれど、今回購入したのがこのスチールブック仕様。前から気になっていて、限定盤でなかなか買えなかったりしたもんだから、今回思い切って購入してみた。
で、正直、これはなかったな。中身は基本他のものと同様だし、パッケージが他と違うものだから他と並べて統一感が無い。もう次回はない。次買う時は普通のバージョンのものにする。
81Jhg++ZP7L__SL1500_.jpg

第10位 オーディオテクニカ ステレオマイクロホン AT9945CM
これは2年前にも購入したんだけど、使い方が乱暴だったからなのか、時折録音ができなくなる不調が発生。仕方なく、2つめを購入した。マイクロホンとしては大きめだけど、録音した音はグッド。手放せないシロモノ。もしまたこれが壊れてしまったとしても、結局これを選択してしまうと思う。
71p2xS0eN0L__SL1500_.jpg

第9位 ROBOT魂 機動戦士ガンダム [SIDE MS] MSM-07S シャア専用ズゴック ver. A.N.I.M.E. 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア
シャア専用と聞いて、何を思い浮かべるかと言えば、まぁシャア専用ザクが圧倒的なんだろうと思うが、おいらの場合、昔はゲルググで、最近はズゴック。なんか近頃このズゴックのフォルムが妙に気に入っている。で、このROBOT魂シリーズでのガンダムは所有していたので、一緒に飾れるモデルをということで購入。近頃のモデルは本当に完成度が高いし精巧。子供のおもちゃになんかできませんて。このズゴックなんかは、アニメ上での構造的な難点なんかをおおよそクリアしていて、本当にすごいなと思う。実は同シリーズのドムを購入して、ジェットストリームアタックを再現させようかどうか迷ったんだが、待ってて良かったと思う。
61jkznKai4L__SL1466_.jpg

第8位 キヤノン PIXUS MP970(中古)
本ブログでもネタにしたが、所有していたMP950が臨終を迎えたので代わりのプリンタを探したところ、この中古のMP970に辿りついた次第。950の後継機なだけあって、音は静かだしスピーディ。中古なので今後どれだけ活躍してくれるのかが心配なところだが、今所有しているMacなりPCのOSが古いので、最新のものは使えないしまだストックのあるインクがそのまま使えるというのがいい。どうか長生きしてくれますように。
61bIqyHixwS__SL1500_.jpg

第7位 山善 10cmミニマグネット扇風機 YMS-A107(B)
職場が暑いので購入。実は隣に座っている人が同タイプを使っていて、なかなか良かったので購入した。足場にマグネットがついているので動きづらく、ポジションが固定できるのがいい。これはオススメできる。
71dhCPmwVOL__SL1500_.jpg

第6位 シン・ゴジラ音楽集
この夏、まさにゴジラのごとく日本に上陸した庵野監督の「シン・ゴジラ」のサントラ盤。伊福部サウンドと鷺巣サウンドの見事な絡み。BGMとしても申し分のない作品集となった。そして待望の「シン・ゴジラ」Blu-rayが2017年3月に発売予定。こりゃ買うしかないっしょ。
511RssUM6mL.jpg

第5位 B&O play BeoPlay H3 ANC イヤホン/カナル型 ノイズキャンセリング/ガンメタル
近頃、帽子にはまっております。ただ、帽子を被っていると当たり前だがヘッドフォンができないのね。どうしてもイヤフォンになってしまう。実はイヤフォンがちょっと苦手で、すぐに耳が痛くなるもんだから避けてたんだけど、まぁしょうがない。で、本商品を購入したのだが、やっぱり着けづらさはありますな。音はまぁまぁ。ま、使い続けるうちに愛着も出てくるかもしれない。
710rlMmKCkL__SL1500_.jpg

第4位 ドラえもん みんなであそぼうよロイヤル50
娘のクリスマスプレゼントに購入。娘のサンタさんへのリクエストがこれだったんだが、案外いい。簡単なものから難易度の高いものまで、計50のゲームが楽しめる。まだ初級のゲームしかできてないが、長く楽しめそう。なかなかいいプレゼントとなった。
81j4vS005YL__SL1000_.jpg

第3位 チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番、他
昔自宅で良くかかっていたレコードがどうしても聴きたくなって、中古盤を購入。まさにこのジャケットのレコードである。プレーヤーは昔から持っていたけれど近頃はほとんど使うことが無かったので、動かすことができて一石二鳥。アナログプレーヤーの良さをあらためて体感する。電源を入れてレコードを乗せて、針を落とす。この音を聴くまでの過程が気持ちを高めてくれる。ただ、やはりレコードなので、いつでもすぐに聴くというわけにはいかない。ある程度の準備が必要。なので、すぐ聴く用にCDも購入。ちょっとクラシック系もいいなぁ、と思っているので少しずつ聴いていきたいと思う。
61aXeS3oAuL.jpg

第2位 大滝 詠一のCD
最近、CM等で大滝詠一の曲が良く使われている。それもあって、大滝詠一の曲が無性に聴きたくなって、「DEBUT AGAIN」「A LONG VACATION」「Best Always」の3枚のCDを購入。実は初めて作品を購入して耳にしたのだが、とても良かった。イージーリスニングとしても最適である。不幸にして3年前に亡くなったのが今さらながらに残念に思う。でも、亡くなった後もこうして様々な形で作品が世に出てくるというのが素晴らしい。テレビで「カナリア諸島にて」なんかが流れれば、こうして興味を持って聴く輩もいるわけで、そのたびに彼は甦るのである。音楽っていいね。
51GagqRnWtL.jpg 91xrSFrZV7L__SL1500_.jpg 81614-u4F5L__SL1286_.jpg

第1位 小田和正「あの日あの時」
やっぱり今年はこれかな。今年はこのベスト版を引っ提げて全国ツアー。たくさんの感動をいただきました。今回はオフコース時代の曲も多くやってくれて、聴けばあの日が甦り、まさにエバーグリーン。こないだBSの番組でオフコースの紹介番組があったのだが、今の若い方は作品は知っててもオフコースの存在を知らないのである。時代は流れた。
71IqINkMelL__SL1500_.jpg

ということで、今年もあと数分間。
今年もお世話になりました。また来年。良いお年を!(ゴ〜〜〜ン)

posted by しろやん & いなやん at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

幸せな結末。byいなやん

年の瀬真っ只中、うちの社員の訃報が入った。
朝礼で冒頭、部長が物々しく切り出すので、誰か死んだんだな、とすぐにピンときたが、よく知った人だったので、ちょっとショックだった。入社はおいらより1年先輩だが同年齢。それこそおいらが学生の頃から知っている。とにかく酒好きな人だった。あまりの急な訃報に、その人の同期の方々の表情を見ると、やけにせつない。

先週22日、送別会に参加して二次会まで参加し、帰宅途中のコンビニで缶ビール2本(きっとあの人のことだからロング缶だったと思う)購入後、道中で倒れたらしい。昔からの職場の仲間と最後の最後まで楽しく飲んで、彼にとって、それはそれで幸せな結末だったんだろうか。それとも。

実はその日の朝、会社のエレベーター前で会話をした。
コートを着てても寒い朝だったのに、その人はコートも着ずに「暑いね〜」と汗だくだった。
「(寒いのに)すごいですね!」と声をかけたら、「もう更年期障害だよ〜」なんて冗談ぽく言うもんだから、
「いやいや、生きる力がすごいってことですよ」と話したんだ。
その日の夜に亡くなるなんて。その段階でもう体調的に厳しかったのだ。

同世代だし、家族もあるし。やっぱり自分と重ねるところがある。
子どもたちにクリスマスプレゼントを用意していただろうし、パーティーも予定していただろうし、年末年始の計画もあっただろうし、誰かと会う予定もあったかもしれないし、仕事ももちろんだが、一瞬にしてすべてが果たせぬ約束となってしまった。
生きてるうちには、そりゃ嫌なことはたくさんあるし、思い通りにならないこともたくさんあるけど、生きてなければ体験できないことはたくさんある。裏返して、いつ何時そうなってしまうこともあるから、できるだけ後悔を残さないように生きる時間を大事にする。

その一瞬一瞬を大切に生きる。
そんなありきたりな表現が、悲しいかな、こういうことがないと、考えが及ばない。
同世代の人だからだろうか。うん、やたらとせつない。


posted by しろやん & いなやん at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

100円ショップで見つけたヨ。byいなやん

ムーチョだヨ!全員集合

スナック類。
激辛系。
普通なら、おいらが絶対に買わない組み合わせ。

しかし、買ってしまった。ムーチョだヨ!全員集合

2016122020450000.jpg

2016122020460000.jpg
ご丁寧に裏面には起用された説明書きが。

「ひとみおばあちゃん」「ひーちゃん、て呼んでください」
このキャラクターが登場してから30年近く。今なお現役で活躍中。
当然おいら世代がドンピシャなので、うちらの世代がターゲットなのか?とも思ったけれど、いや違うな、おいらだけでなく、もっと若い世代、または年輩の方でさえ、このキャラクターを知っているのではないか?そう思い直した。

いうまでもなく、志村けん(というか、ドリフ全般)は、マンネリをとても大事にする。やり続ける哲学、ひとつウケるギャグがあったら、飽きられてもやり通すマンネリの哲学を持っていると思う。

栄枯盛衰著しい芸能界。入れ替わりの激しい中、
同じキャラクターでこれだけ長くできるのは、そうそうない。
ひとみばあさんだけでなく、変なおじさんいいよなおじさんもそう。バカ殿様にいたっては40年近い歴史がある。繰り出されるギャグもそんなに変わらない。マンネリズムの極致である。しかし志村けんがすごいのは、バカ殿様=志村けん だが、志村けん=バカ殿様 にはならない、というところ。

やり続けることに意味がある。やり続けることがすごいのだ。
カラムーチョのパッケージに日本の笑いの歴史を見る。
今後、これだけマンネリを大事にする笑いは出現するのだろうか。

posted by しろやん & いなやん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

鉄板とはこういうこと。 byいなやん

【響きだけ】日本一強そうな駅名ランキング

そりゃ『強羅(ごうら)』で決まりでしょ、と思ったらやっぱりそうだった。
強羅以外に思いつかない。
一度でも箱根に行った人なら、強羅で決定。
2位の合戦場なんて、問題外。

強羅、最強!
posted by しろやん & いなやん at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | なるほど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

何なんだ、一体。という話。byいなやん

実はここのところ、毎週名古屋に出張。
今朝戻ってきて、ようやく今年の役目終了。まぁさすがにしんどい。
しばらくは新幹線に乗りたくないなぁ。そう考えるとうちのおエラさん方も、結構大変なんだな〜と思うのである。

そんなことで、あまり更新できなかったんだけど、
思わず「何なんだ!」と突っ込んでしまった、話題を紹介。

ASKA嫌疑不十分で釈放
いや、待て待て。嫌疑不十分はいいにしても、そもそもなんであらかじめ用意したお茶を採尿カップに入れたのか。今回は不起訴処分となったのかもしれないが、それでも彼は大きなものを失くしたのではないか。そんな気がする。

小池百合子都知事も応援 「JAPAN WOMEN AWARD 2016」を開催
なんか名古屋のホテルでテレビを見てたら、小池百合子氏が言うんですよ。
『普通の国をつくりましょう』と。
おいらは基本、小池百合子には頑張ってもらいたいと思ってる。都政に風穴を開けて欲しいよね。でもこの人、なんか変な表現をする。横文字多いのもどうかと思う。
何を持って『普通』というのか。世界には、飢餓に苦しんでいる国がたくさんある。銃を持つのが当たり前の国もたくさんあるし、テロが日常的に起こり、戦争状態の国もたくさんある。貧困であることが当たり前の国もあるし、自由な発言ができない国もたくさんある。何を持って普通といっているのか。
普通というのは主観によってだいぶ違う。人によって常識が違うのと同様で、こういう形で政治家さんが使うのはちょっと違うと思うのですね。普通に飯が食いたいとか、普通に話がしたい、とかならわかる。でも“普通の国”って言われると、何を基準にしているのですか?それは本当に普通なことなんですか?と問いただしたくなる。普通って表現は本来もっと気をつけるべきなんですよ、普通。


「信頼関係大きく損ねる」
そもそも、この人はいつ飛行を再開しても同じことを言うのだろう。裏返せば、いつも同じ反応しか起こせないので、別のところを優先されるのでは?体質がどっかの野党なんだよね。


posted by しろやん & いなやん at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

It's Automatic byいなやん

小田和正「クリスマスの約束」に宇多田ヒカル初出演

16日の金曜日に収録が行われた模様。行きたかったなぁ。。。
えぇ、今年も残念ながら外れてしまいました。
毎年申し込んでおりますが、ホント、これだけは縁がないというか。

でもね、まぁいいかな、と思ってるんですよ。
今年も嫁といくつもりで申し込んでいるのですが、なぜ嫁と観覧したいのか、ギュッと思いを込めてハガキを書いたのです。なんか、それができたことでね、ちょっと満足してるんですよ。4万通のうちの500人、1.25%の縁を無理やり繋ぐよりも、そこの過程がね、むしろ大切なんだと思うのです。

いまは放映を楽しみにするのみ。

posted by しろやん & いなやん at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

物欲兄さんが行く。その52「プロジェクタが無くても、生きてはいける。」byいなやん

どこからともなく現れた物欲霊にとり憑かれ、全財産を物欲に捧げてしまう哀れな一人の男。人は彼を「物欲兄さん」と呼ぶ・・・

もう12月です。あと4週間で年越しちゃいますよ。怖いなぁ。
さて久しぶりの物欲兄さんシリーズ。
実は、ここ数年無かった物欲がにわかにズンドコ盛り上がっているのでございますよ。

というのは、身の回りのいろいろな機器にガタが来てるからなんですな。
iMacも来年で10年目、windows系のデスクトップ、ノートもそれぞれ10年経過している。たまに会社の仕事をしようと思っても、microsoft officeのバージョンが古かったり、iMacのDVDドライブが壊れて使えなくなったり、プリンタがお陀仏になったり・・・と、古いが故の不具合が多くなってきた。
こないだ、寝室のBlu-rayレコーダーのHDDにエラーが出た時は焦ったね。内臓、外付、それぞれのHDDに編集が出来ていない録画がタンマリ溜まっていたので、もしかしたら取り出せなくなるかも、と冷や汗をかいた。その後、再起動でとりあえず通常通り起動したので難なきを得たが、いや〜怖い怖い。しかし、そのままにしておいたら取り返しのつかないことになる。。。という教訓となった。機器が動くうちに、いろいろ整理はしておかなければ、ということだ。いずれにしても、この数年間の中で片付けなくてはならないだろう。

なので、PC周辺の機器を中心に、欲しいものが出てきたというわけ。
そこで、今の欲しいもの、My Favorite Thingsを、何回かに分けて紹介したい。

いま、一番欲しいのはこれ。
EPSONホームプロジェクター EH-TW8300W

いいプロジェクターが欲しいのよね。
いま持っているのがSANYOのLP-Z3で、まぁ、悪くは無いんだけど、さすがに800ルーメンでは暗いので、少しでも部屋が明るいと見えづらい(EH-TW8300Wは2,500ルーメン。3倍以上)。で、最近のホームプロジェクターはどんな感じかと調べてみたら、価格と機能のバランスから、この機種がいいかな?と思うに至った。
価格.comで調べてみたら、本日現在最安値で373,739円ナリ。この機種の前バージョン、EW-TW8200Wで、259,800円。まぁ、いずれにしても衝動買いできるような金額ではない。

まぁ、それでも、何度か電気店に行って実物を確認しているのだが、その存在感にちょっとたじろいでしまうぐらい、結構でかい。その大きさが、さらに躊躇させる。でも欲しい。なぜなら、これが我が家に鎮座した時の、その利用イメージが湧くからだ。

映画なんてテレビで十分という人もいるだろう。
人によっては、PC、或いはスマホ端末でも十分と言うかもしれない。

しかし、その日その時間に映画を見るために、或いはライブを見るために、

ステレオに電源を入れ、
スクリーンを降ろし、
プロジェクターを点灯させ、
部屋を薄暗くし、
ソファに座り、
満を持してプレーヤーの再生ボタンを押す。

この一連の過程が、その世界への呼び水となり、至福の時間を提供してくれるのだ。なんて贅沢な時間ではあるまいか。おいらは、このプロジェクターで大画面でサウンド・オブ・ミュージックが見たい。見たすぎる。

贅沢を求めて幸せになりたいなら、それは時間にこそ求めるべきだと思う。
形あるものはいつかは消える。形のないものにこそ、永遠はある。

あープロジェクター欲しい。カモン!サンタ!


ph_visual.jpg
posted by しろやん & いなやん at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする