2012年11月17日

おれは「キュウリ」と呼ばれた男だ by しろやん

Qのサントラー

ということで『キュウ』を観てきた。
もう待ちきれなくって初日だぜよ。
とにかく情報ナシの状態で観たかったんだ。

そんなわけで感想も抽象的にしか書かないんだけど、
もうド頭から鬼のような新展開の嵐だ。
呆気にとられまくりんぐ。
アレが飛ぶところは前作の2号機飛来に勝るとも
劣らぬ心躍るシーンだった。
それにつけても冒頭は「まるで最新版板野サーカス!」と思っていたら
クレジットを見てニンマリ。やっぱそうなのかーと。
物語もとにかく揺さぶる揺さぶるって感じ。
ま、いなやんも早く観なきゃだよ。

ちなみにいわゆる「サービスサービスぅ」は全然ない。
ちがった意味でサービスがテンコ盛りだったけど。

そうそう渚君って昔から詐欺師然とした胡散臭いヤツだと
思ってたんだけど、本作ではむしろ小さな親切・大きなお世話という雰囲気で
ちょっと親しみ持てたわー。
でも「今度こそ幸せにしてあげる」とか云ってたわりに……いかんいかん劇場で観よ。

あと綾波の背中は「9」=「キュウ」だったなー。
posted by しろやん & いなやん at 22:50| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
げーっ、前回に続き今回も先を越されたとは。
いいな、いいなー。

しかし「キュウリ」って呼ばれてたとは(笑)。
Posted by いなやん at 2012年11月19日 17:29
娘8歳も呼ばれているらしいですよw

1秒でも早く観て、そして何回も観たらいいじゃないか。

2chまとめ系のサイトは初日から一斉にネタバレの嵐でしたからね。情報収集能力が高い人ほど映画館でのサプライズ率が低くなってしまうのでござる。オイラでさえ余計なこと書きたくなってしまうので、この辺で。
Posted by しろやん at 2012年11月20日 02:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302310281

この記事へのトラックバック

板野一郎がエヴァンゲリオンを作るとこんな大変な事になってしまう訳でして、、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.
Excerpt: 劇場版ばかりつまみ食い的に観てきたエヴァンゲリオンシリーズ。 ヱヴァンゲリヲン新
Weblog: 背面飛行がとまらない
Tracked: 2013-05-08 23:20