2017年05月31日

それはクリープを入れない珈琲なのだよ。byいなやん

今月は、佐田の山から始まってクリス・コーネル、ロジャー・ムーアと、007映画の所縁の訃報が重なったんだけれど、おかげで007シリーズの映画を夜な夜な見直している。昨夜は10作目の「私を愛したスパイ」を視聴。今となってはツッコミどころも満載だが、指摘するだけ野暮というもの。だって、それがボンド映画だもん。いや〜ロータス最高!

てな今日この頃ですが、5月最後の日にこんなニュースが。

ジェームズ・ボンドは15年前に禁煙していた?

くだらん。実にくだらん。
よほど暇な連中と見える。しかも最後の一文「喫煙シーンは減ったが、人気を考えれば、まだあることは問題だ」とか。バカだねぇ。こういう連中はいずれ身体に害があるから酒を飲むシーンも有害だ、なんて言い出しかねない。そういう奴は鯨と一緒に海に潜ってプランクトンでも漉して食ってろ、と言いたい。

おいらは生まれてこの方一切タバコを吸ったことはない。吸いたいとも思ったこともない。
だからといって吸う人の権利まで無くそうとは思わないし、況してやその原因を映画やテレビに求めるなんてことはしない。それは表現の自由を否定する発言であるし、それに影響されるとかされないとか、人の生き方を馬鹿にした発言だ。どうせ一般大衆をいつも下に見ている学者もどきなんだろう。本当にふざけてる。

少なくとも、ボンド映画を愛するおいらとしては、映画の世界観を否定されたような心境だ。
百歩譲って、本当に心からの正義感で提議してるのなら、こう言ってやる。
タバコの前に、銃や戦闘シーンのある映画を問題視しろ。
そっちの方がよっぽど危険で有害で、それに比べたら喫煙なんて可愛いもんだ。

ボンドは愛煙家で結構。
原作者のイアン・フレミングが生きていたら、禁煙ボンドなんて激怒するに違いない。

posted by しろやん & いなやん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450400794

この記事へのトラックバック