2017年06月16日

チャレンジ!2017 「試してミント。延長戦」 byいなやん

さて、先月チャレンジしたミント系アイス食べくらべ。
今日、新たなセブンイレブン限定のミント系アイスを発見したので、早速食してみた。

ロッテ チョコチップミントバー 税込183円
2017061623310000.jpg

名前は似ているが、既に試した同じロッテの「クランキーアイスバーチョコチップミント」よりも高く、期待も高まるというものだ。

2017061623320000.jpg
中身はこんな感じ。

あら?意外とミント感が高い。ハーゲンダッツやグリコ系と比較するとやや弱いものの、同社のクランキーアイスバーよりもアイスのミント感がある。これは嬉しい。アイス部分の工程が違うのだろうか。もし違ってないとしたら、クランキーの方がサクサクとしたチョコ感がミントの主張を弱めているのかもしれない。かといって、こちらのチョコ感が弱いというわけでもない。中に入っている生チョコが、その存在感をしっかりアピールしている。まさに、チョコとミントのWハーモニーや〜!といった趣である。そのバランスに満足感も割と高かった。

同じロッテ製品なのに、クランキーアイスバーとチョコチップミントバーは似て非なるものだった。
やはりミント系アイスは値段相応だなぁ、とあらためて実感した次第。

posted by しろやん & いなやん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

チャレンジ!2017 「試してミント。」 byいなやん

駅前のセブンイレブンのアイスコーナーでは、この頃なぜかミント系が幅を利かせている。
何を隠そう、おいらは基本的にミント好き。自販機で販売されているセブンティーンアイスも大抵チョコミントを選ぶ。でも本当はアイスの中ではラムレーズンが一番好き。チョコミントはその次ぐらい。あの爽やかさがね、いいですな。

まぁ、そのぐらいミント系が好きなので、こうして並べられていると、なんだか挑戦を受けている感じ。『てめぇ、食ってみろ』ってね。なので、久しぶりの、約1年ぶりチャレンジ企画。とりあえずミントアイスを試してみることにした。

ちなみに、セブンイレブンで販売されていたのは次の3つ。
・ハーゲンダッツ ミニカップ『ショコラミント』 287円。
・ジャイアントコーン スーパーチョコミント(グリコ・セブン限定) 173円。
・クランキーアイスバーチョコチップミント(ロッテ) 140円。

まず食したのが、ハーゲンダッツ ミニカップ『ショコラミント』
2017051900200000.jpg
これは驚き。見事なミント感。といっても、主張しすぎずあくまでもハーゲンダッツのなめらかさと濃厚さを主役に置きながら、後味でスーッとした爽快感が口から鼻に抜けていく。いわゆる歯磨き粉っぽくないのですね。一気に清涼感で満たされるような。ひとつ口にするたびに、よくバニラアイスを頼んだ時についてくるミント葉を、パンッと叩いたようなほのかな香りと、口にしたときのスッとした感じが上手に表現されている。また、見た目も新鮮。ミント系アイスだと、緑というか青っぽい色が通常なんだけど、ハーゲンダッツは、パッケージこそ青っぽいですが、中身は白色。
2017051900230000.jpg

そうか、これまでのミントは着色されていたのか、と。まぁ逆かもしれないけど。もちろん、ショコラの食感と味わいもアクセントとして申し分なし。とにかく、さすがハーゲンダッツと感心せざるを得ない、絶妙な味わいのバランスに感服。

次に試したのが、ジャイアントコーン スーパーチョコミント
これが意外といいミント感を出していた。ミントだけならハーゲンダッツと遜色ないかもしれん。だが、違うのがこちらの方が完全にミントが主役になってしまっている点。もちろん、商品名に「ミント」が入っているのだから、主役は当然と言えば当然なのだけど、主張が強すぎて、食べているうち味に疲れてくる。ジャイアントコーンならではのチョコパリもあるが、実際、オマケ感しかない。確かに商品に嘘はないんだけど、なんというか、多分次は食べないなと思う。良く言えば、飽きるほどにミントである。こっちの方が量も多いしね。

そして最後に試したのが、クランキーアイスバーチョコチップミントだ。
2017051523100000.jpg

これは明らかに前述の2種と比べてミント感が弱い。食べる順番を間違えたかな。
先にこっちを食べていれば、それなりに楽しめたかもしれないが。やはり感じ方としてはミント風味って感じだ。スーハー感もあまりなく、香りも弱い。まぁ値段相応ってことだーね。そう、結局これらのアイスの価格差は、ミント感の表現の度合いと比例している。価格の違いにはそれなりに理由はあるってことだ。

さて、他にもミント系のアイスは、もちろんある。
そこで、駅前のセブンイレブンには無かったものの、他でみつけたミント系アイスも試すことにした。

オマケその1:赤城乳業 クールアイスカップ チョコミント
2017051600040000.jpg

2017051600040001.jpg

試した中で一番安かったが赤城乳業のチョコミント(カップ)。上記の価格差とミント感は比例するという図式は見事に当てはまり、一番ミント感がなかった。完全にナンチャッテな感じで、言うなればスーハーしないミント味?まぁ不味くはないけどね。なんだけど、なんか物足りない。本当にミントアイスは値段相応なんだなぁ、と逆に感心した。

オマケその2:グリコ セブンティーンアイス チョコミント
2017052523550000.jpg

2017052523560000.jpg

まぁ、年中手軽に食べられるチョコミントと言えば、セブンティーンアイスをおいて他にないでしょうな。でも今回の企画で久しぶりに食べてみたんだけど、あれ?意外とミント感がある。やっぱりさすがセブンティーンアイスといえばチョコミントだな〜と変な感心。それもそのはず、上記のジャイアントコーンと同じ、グリコだもんね。形は違っても製造元は同じ、ってことね。

ひとまず今回のチャレンジはここまで。
また新しいミントが見つかったら試してみたいが、ミントアイスの食べすぎでミントの味がぐるぐる渦巻いておる。ミント酔いか!?

posted by しろやん & いなやん at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

チャレンジ!2016 「人類未体験を味わってみる」 byいなやん

ジュード・ロウが人類未体験の強炭酸ペプシを飲みに日本に来たというので、一応試してみた。

2016062517320000.jpg

・最高ガスボリューム5.0GV耐圧専用ボトル
・ペプシ至上最強炭酸
・強力カフェイン


と書いてあります。

まぁ、炭酸が強いといえば強いけど、「そこまでか?」という感じもする。
確かにペットボトルは、持った感じ頑丈な感じがするけれど。
ジュード・ロウさんにわざわざ来日していただくほどのものではないかと。
わざわざありがとうございました。


posted by しろやん & いなやん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

チャレンジ!2016 「『おにぎり茶漬け』に相性の良いおにぎりは?」 byいなやん

おにぎり茶づけ、なぜ「おにぎり抜き」で販売?

実は最近のおいらのお気に入りがこれなんだな。
会社近くのローソンのおにぎりコーナーのそばに置かれていて、面白そうだから買ってみたのだが、これが美味い。作り方は簡単で、カップの中にお茶漬けの素が入っていて、それを中に開けて、別売のおにぎりを1個入れて、上からお湯を注ぐだけ。ちなみに、ローソンでいえば、紀州南高梅のおにぎりと「カップおにぎり茶づけ」を合わせて買って、税込200円ナリ。
なんてリーズナブル。

もちろん、おにぎり自体にも相性があるようで。シーチキンとか、さけマヨとかは、
明らかに入れた後のイヤ〜な感じが予測できるので、ハナからパスね。

一番自分にフィットするのは「手巻おにぎり 紀州南高梅」
梅の酸味をしっかり感じながら、お茶漬けの味わいを堪能できる。
茶漬けの定番といえば鮭だが、
「手巻おにぎり 紅さけ」では、やや塩気が勝り、全体にしょっぱい感じに。
しょっぱい感じといえば、「手巻おにぎり おかか」も同様。
「手巻おにぎり 辛子明太子」も試してみたが、辛子明太がバラけてしまい、食感が感じられないのでおススメしない。

ということで、
いまのところ、安く満足感を得られるベストチョイスとしては、
「手巻おにぎり 紀州南高梅」 + 「カップおにぎり茶づけ」 で決まりってことで。

posted by しろやん & いなやん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

チャレンジ!2016 「ドリンクしるこ飲み比べ延長戦」 byいなやん

実はこの4月からまた社内で異動がありまして、1日から新しい部署で勤務しております。
といっても、初日の朝から現場に直行し、一日対応。年度初めの社長の挨拶すら聴くことができなかったぜ。おいおい、ノッケから人使いが荒いんじゃないの?
ま、いいか。そうでなくても全体朝礼なんてまともに聴いてないからな。

そう、そういうワタクシは不良社員です。

昨年12月29日にアップしたチャレンジ企画、『ドリンクしるこ』飲み比べ。
もう試せるものはほぼ試したつもりでいたのだが、今日、新しい商品を発見した!
秋葉原駅総武線ホームに設置されている自販機に、それはあった。

2016040419060000.jpg
遠藤製餡 有機茜しるこ

おぉ、あの遠藤製餡が自身でドリンクしるこを販売していたとは。

ということで、

7.有機茜しるこ 190ml 182kcal
甘さ★★★★ 濃さ★★★☆ とろみ★★★ つぶの食感★★★★ 飲んだ後★★★★☆
これは美味い。その一言。とても品のいい、バランスのとれた甘味と香り。甘みは控えめながら、味はしっかりと。小豆も程よく入っていて、非常に満足度の高い1本。アサヒおしるこも遠藤製餡を使用しており、こちらもなかなかの満足度だったが、有機茜しるこの方が、甘みと味のバランスが良く、より深い満足度を与えてくれる。飲んだ後もキレがよく、爽やかに飲み終えることが出来た。さすが、遠藤製餡。味、香り、まろやかさ。文句なし。ただし、他と比べてカロリーが高め。でも総合的なバランス度で有機茜しるこに軍配。遠藤製餡、恐るべし。

posted by しろやん & いなやん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

チャレンジ!2016 「梅味は本当にウメ〜のか」 byいなやん

2月になると、梅にちなんだ商品が多くなりますね。梅味のナンチャラとか。
これ、なんでだろうと思うわけですよ。梅の花が咲く時期だから?まぁ、そうなんでしょうけれど、そうなると納得がいかないのが、それなら梅の実が熟する梅雨時(まさしく)以降とかね、その方が時季なんじゃないの?とか思ってしまう。

しかも2月の初旬とかまだ咲いてなかったりするじゃないですか。
なので、おいらは菅原道真説を唱えたい。つまり、
2月から受験シーズンが本番 → 受験生は“学問の神様”道真公をお参り → 菅原道真といえば飛梅伝説 という図式。

まぁ結論として別に2月に梅味が出ても異論はないということなんですが、
巷のコンビニではじゃがりこの期間限定「しあわせ梅」味が登場している。以前にも書いたように、新味が出ると試さずにはおれないオイラ。早速嫁と一緒に食べてみようとコンビニに入ったのだが、そこで紛らわしい商品を発見。それが「Jagabee 梅と焼きのり味」だ。
2016012022080000.jpg
これは紛らわしい!

実は、というか、今さら気がついたのだが「じゃがりこ」も「Jagabee」もどちらもカルビー商品だということ。同じ会社ということは、同じような形態だがそれぞれコンセプトが違うということだ。コンセプトが違うということは、当然味も違うということ。それぞれ似たようなパッケージである以上、明確な違いがそこにあるに違いない。こうなったら、両方食べ比べてみようではないか。

で、感想としては、じゃがりこの方は、全体に梅味が練りこまれている感じで噛むほどに梅味が広がりとても美味しい。Jagabeeの方は元となるスナックにパウダー状の梅味をまぶしてあるような感じで、表面は確かに梅っぽいんだけど、内側はそうでないのでちょっとイマイチだったかな。製造方法の違いということになろうか。

ついでに、これまた同じカルビーの看板商品「かっぱえびせん」の『紀州の梅』味にも挑戦。
2016020523410000.jpg

こちらもJagabeeと同様、普通のかっぱえびせんに梅のパウダーをまぶしたような感じでイマイチだったかな。やはりじゃがりこ最強!である。




posted by しろやん & いなやん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | チャレンジ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする