2007年10月29日

旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 を合体しました byしろやん

2004年5月28日から2005年11月11日(数日分こちらとのかぶりあり)まで、@niftyの「noteブック」というところでやっていた本ブログってか掲示板システムだったんだけどね、それを「旧しろやん・いなやんの『世相を斬る!』」としてココログにアップしていたのだけど、このSeesaaにデータをインポートして合体いたしましたよ。
いや@niftyからプロバイダ移行する予定があってな。調べたらいとも簡単にデータ移行できるってことで。「なーんだ」みたいな。これでいなやんの「地図帳ひろげて音楽。」も第1回から読めるようになったぜ!

さあ、ヒマな人は最初から読み返してみよう!
「旧しろやん・いなやんの『世相を斬る!』」カテゴリーがそうだ。
299件あるがな。
posted by しろやん & いなやん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

しろやん・いなやんの「世相を斬る!」の過去ログを移行いたしました!

@niftyの「noteブック」が、 2006年5月31日(水)をもってサービス終了するのに伴ない、「しろやん・いなやんの『世相を斬る!』」の過去ログをココログに移行いたしました。

現在進行形の内容はすでに
しろやん・いなやんの「世相を斬る!」
に移行しておりますので、こちらまでどうぞ。

いなやんと2人で書いておりまして、個人IDを知らないと書けないここは使えない(「noteブック」はキーワードだけで知っていれば誰でも書き込めた)ため、今後更新されることはないわけですが、まぁ跡地としてご覧ください。
時事ネタがベースなのでリンク切れも多いんだけどな……。えっと、そんなわけでコメントとかトラックバックとかもこの記事以外はできません。伝えたいことなどがある方は、お手数ながら現在進行形の方に来ていただければと思います。

posted by しろやん & いなやん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

いまさらながら移転しました byしろやん

しろやん・いなやんの「世相を斬る!」
は、下記URLに移転しました。
これからもヨロシクね!

http://shiro-ina.seesaa.net/
posted by しろやん & いなやん at 14:36| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

毎週火曜日の新企画です。 byいなやん

というわけで、(あくまでも個人的な)新企画です。毎週火曜日は、私なりの音楽シーンへのベッタベタなこだわりを活字にして、ウダウダとお伝えしたいと思います。音楽的なところで言えばしろやんの世界には遠く及ばないのだが、まぁ、スキマを縫っていくような感じで(笑)。基本的には私の敬愛する曲であったりアーティスト紹介をする曜日にしたいと思います。タイトルは「地図帳ひろげて音楽。」です。どうぞよろしく。

で、栄えある第一回目は私の好きな曲、「新日本紀行」について。なんかすごいでしょ(笑)。「新日本紀行」というのは、知る人ぞ知る、かつてのNHK長寿番組。番組自体も非常に良質で、その土地土地の人々の暮らしが伝わってくる、さすが受信料で成り立つNHKならではのいい番組だった。そのテーマ曲を冨田勲氏が作曲していた。冨田勲と聞くと、どうしても。シンセサイザーのイメージがつきまとうのだが、この「新日本紀行」はオーケストラによる演奏。これがすごい。まずイントロがかっこよい。そして、拍子木が打つ「拍」とベースが作る独特のリズムがなんとも言えず良いのである。50秒ほどの曲だが、日本の文化・人・生活・歴史・郷愁などを、見事に現した名曲であると思う。大友直人指揮によるCDも出たが、やはり実際に番組に使われたオリジナルが一番。なぜか、突然この曲が無性に聴きたくなるときがあって、10年以上前、この1曲が聞きたいがために、5000円の2枚組TVテーマ音楽集のCDを買ってしまった。機会があれば、ぜひお聴きいただきたい一曲であります。

最後に芸能ネタ。渡辺裕之の詐欺被害。おいらに同額を預けてくれたら!とりあえず返せる金額はもう少し多かったと思います(笑)。うまい話にはご用心!
posted by しろやん & いなやん at 17:53| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

予断許さぬ・・・ byいなやん

今日の緊急ニュースで飛び込んだ永岡洋治衆院議員、自殺。郵政民営化に反対しながら、賛成票に転じ、一部の議員から厳しい批判を受けていたという。死ぬこたぁないだろうと思いつつも、これが参議院での決議にどう影響を及ぼすのか、まったく予断を許さない

混戦、セリーグ。中日が6年ぶり11連勝などで大反撃、首位阪神との差が3ゲームまで縮まった。今年はタイガースで決まり!なんて(私も含め)安穏としていたのも今や昔、これからの勝敗から目が離せなくなってきた。こちらもまったく予断を許さない

逆に東京ドーム6連戦、阪神・中日に無残に敗れ去った球界の盟主。1回ぐらいは中日に勝つと思ったけれどねぇ。まぁ、今の状態じゃ、10回対戦しても勝てるかどうかだな。ひどいもんですわ。既に時期監督の噂が飛び交い、選手もコーチも目先の一勝に集中もできんというとこか。こちらのほうも予断を許さない

そして、戦後60年。こんな発見が。こういうのに弱いんだよね。涙が出ますわ。どんな物語もドラマも、ノンフィクションにはかなわない。日々悪化する症状でもって自らが死に向かっていることを悟らされる恐怖、無念さは想像を絶する。なのに今なお世界のあちこちにある核問題。沈痛。
posted by しろやん & いなやん at 15:47| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

4周年おめでとうございます。 byいなやん。

継続はサラサラなり。何事も続けるということは大切ですな。これからもテキトーにがんばってちょうだいね。ブログ移行についてもおっけーですよ。ちょうどおいらも8月1日から少し趣向を変えていこうかと考えていたところだ。曜日ごとにテーマを変えてみようか、とかね。よろしゅう頼みます。

さて、タバコの話。健康増進法なんたらで喫煙派には至極すみにくい世の中になったものだ、とは思う。おいらは吸わないから全然かまわないけれどね。しろやんの嘆きももっともだが、タバコの場合、喫煙者だけの害にとどまらないのが問題なわけで。いわゆる「伏流煙」というやつね。実際、駄目な人には本当にダメらしいよ。自己責任の範疇にとどまらないのがつらいとこやね。マナー悪いやつも相変わらず多いね。バス停周辺の吸い殻のポイ捨てとかね。所構わず歩きタバコとかね。おいらはこっちのほうが嫌だね。マナー守ってる人も多くの割合でいるんだろうけれど、良識のない人間のために割を食うってのは、タバコに限らず何でも同じやね。
posted by しろやん & いなやん at 16:50| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

実は4周年だったり byしろやん

するのですよ。あ、もう5年目に突入したか。ま、劇団キャノン砲の純粋な公式HPだった頃から数えてということなのだけどね。一応、節目なのでサイト内をちょろちょろ整えた。この「世相を斬る!」もせっかくだからブログに移行させようかなぁなんて考えているのだけど、いなやんどうですかね?

珈琲で酩酊できるたぁ安上がりでいいね。期間を置いて肺までちゃんと吸えば煙草でもクラッとはくるし、ひと匙の砂糖でも精神的な部分に影響は出るそうで。いやー、オイラは喫煙者にカラダに害があるからとかいっていろいろ規制する前に、砂糖を規制してみろやと云いたいんだよね。煙草原因の肺ガンや肺気腫よりも糖尿病の方がよっぽど深刻だと思うのよね。この傾向は止まらないわけだが……。

蜘蛛男というと仮面ライダーもよいのだけど、クローネンバーグ監督の映画『スパイダー』を思い出す。とてもとても静かな狂気を描いたとてもとても陰鬱な作品でな。クローネンバーグらしさの象徴ともいうべき突飛な設定が排除されて、それでもなおクローネンバーグらしい淡々とした空気感がキモカワイイではなくキモ心地良い。

コトのほか“過激”。オヤジギャグなキャッチにどうこう云っても仕方あるまい。それよりも「限界ショット」という表現だ。「すんません見せられるのはココまでッす」的な意味合いならトキメキはないッ! てか、限界を超えた写真集が綺羅星のごとく連発される昨今、すでに死語と云っても差し支えない。
posted by しろやん & いなやん at 00:04| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

怪奇 蜘蛛男 byいなやん

最近、妙なことに気づいた。どうも珈琲に酔うのである。いや冗談でなく。本当に酔った感じになるのだ。感覚としては、少し濃い目のウーロンハイを飲んだ感じに近い。2年前のトリビアの泉でやっていたが、クモはカフェインで酔っ払った状態になるらしいが、俺は蜘蛛か?だがネットで調べてみたら、結構そういう人がいるらしい。空腹時にコーヒーを飲むとそうなるとか。不思議だねぇ。

ちなみに、このタイトルにピンと来てくれたら嬉しいなぁ(笑)。
posted by しろやん & いなやん at 16:07| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

今日は業務命令で5時に帰れってさ(笑) byいなやん

台風である。関東地方に来る台風としては幾分早い時期のような気が。社内通達で、早く帰れとお達しが来た。明日の会議が無くなればそうするけどね。通り過ぎるまで待っていようと思っていたが、速度が落ちたので、真上に来る頃がちょうど夜中の12時ごろ。待ってると帰れなくなりそうなので、仕方がないので今日は早く帰ろうかな。と、思っていたら業務連絡で5時に帰れってさ。いい会社だー(笑)。

先日は地震もあったね。しろやんは電車の中だったらしいが、おいらは地元の駅で電車を待っているところだった。あまり感じたことのない大きな揺れで、鳥が一斉に飛び上がったり(映画か何かのように)、駅の鉄骨がギシギシ揺れたりして、ちょっと硬直してしまった(苦笑)。人間、いざというとき動けなくなるものである。でも震度を見る限り、中越や福岡の地震の「余震」と言われるものと同レベルであったので、震度7レベルのいわゆる大震災となった時の怖さを、あらためて思い知った次第。幸い、京王線も都営地下鉄も動いたので良かったが、営団・JRは軒並みストップ。「大都会の脆さ」なんて表現する向きもあるが、何てこと無い、そういうものだと思えばよいってことさ。
それよりも、これは知り合いの談だが、その地震時に買い物をしていた人の話。あの地震の直後に、外に出ようとエスカレーターに人が殺到し、「どけどけっ!」ってなもんで、そっちのほうがよほど怖かったそうです。こういう時パニックが一番怖いね。あれが平日の通勤の電車内で・・・って思ったら、やっぱり怖いっす。皆さん、こういうときは慌てず落ち着いて行動しましょうね。

ちなみに、帰宅後部屋を確認してみると、いろいろ倒れたり崩れたり。仮面ライダーのフィギュアとかも棚から落ちていた(笑)。部屋にいなくて良かったよ。
posted by しろやん & いなやん at 16:52| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

大相撲に「物言い」! byいなやん

名古屋場所も朝青龍が優勝した。5連覇&外国人力士としては武蔵丸を抜いて最多となる13度目の優勝。本当に強い。今場所は千秋楽までもつれ込んだとか何とか言っているが、実際は、今場所も危なげない、圧倒的な強さだったと言っていいと思う。ちょっと前まではあまり朝青龍が好きでなかった。うまい表現が見つからないが、相撲で勝っているという感じがしなかった。そう、初めの頃の曙や小錦から受けたような力にまかせた感じだ。ところが、最近は相撲で勝っているような感じがする。本人もただ勝つだけではなく、「どうやって勝ってやろうか」なんて思ってるんじゃないだろうか。そういう意味では最後まで優勝争いをした琴欧州の相撲とは格が違うのである。とにかくあの腰の重さ、体の柔らかさ。あれは絶対稽古で培われたものだと思うのだが。天性の素質と稽古の賜物ということか。当分朝青龍の天下が続くだろう。
自分は、外国人力士だからどうこうという気はあまりない。いい相撲をとってくれる力士が好きだ。朝青龍を脅かす好敵手が現れるのを心待ちなのだが、残念ながら皆無に等しい。強いてあげれば若の里、琴光喜がもうちょっと頑張ってくれれば、という感じかな。もう大関陣がどうしようもない。魁皇・栃東は怪我が多すぎな上に、ここ一番に弱い。千代大海に至っては相変わらずの押すか引くかの相撲しかなく。朝青龍が強いというより、他が駄目すぎなのかもしれないなぁ。

そう、千代大海。もはやこんな話題しかあがらない。破局したから弱いのか、綱とりが無理だから破局したのか。それとも結局利用されただけなのか。もっともこの二人の仲なんて、とっくに忘れておったわ。本業の相撲もぱっとせず、師匠の九重親方も頭が痛いに違いない。
posted by しろやん & いなやん at 14:48| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

一部訂正 byいなやん

退社⇒懲戒解雇、もしくは依願退職ということです。一応刑事事件なので。
posted by しろやん & いなやん at 19:27| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無理が通れば道理ひっこむというもの byいなやん

今年はどうやら「逆境」がキーワードらしいので(笑)。でもテレビは無理だろうな。せいぜいラジオかなぁ。いや、彼女はフジを退社するんじゃないかと思ってるのだ。そうでもしないと収拾つかんだろ。昨日揶揄した夕刊フジも簡単ながら記事になっていた。でも菊間アナ私的に、ってのも結構眉唾だなぁと思ったりもする。もちろん事実は事実として。多分みんな考えているシチュエーションは同じだよね、きっと(笑)。でも流れというか、どういう雰囲気でそうなったのかなんて、結局まだわーらんもんね。間違ってもフジは「公的」なんて言えないので、会社ぐるみとこれ以上思われないためにも、菊間アナを都合のいいスケープゴートに、と言えなくもない。まぁ、何にせよ彼女が逆境中の逆境にいることは間違いない。
しかしあの転落事故がなかったら、今こんな状況下に置かれることもなかったのではないか・・・と風が吹いたら桶屋が儲かる的なことも考えてしまったりするのだ。

さて、先日の彩音のウタダの話だが、折角なので便乗することにした。そうなんだよなー。今日ウタダの曲を聴いている人は果たして・・・と思う。さらに、♪ヘイヘイヘイ時には起こせよムーブメーン〜を聴いているやつとか、♪ウォンビーロン〜ウォンビーロン〜、を聴いている人とか。でもね、カラオケで歌ってるやつは思いの他いるような気がする。ウタダも「H jungle with t」も。どうだろう。

今日チューリップを聴いた人って結構いるんじゃないかなぁ。少なくとも千人ぐらい(笑)。
posted by しろやん & いなやん at 19:14| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユー、テレビから消えちゃいなよ byしろやん

そりゃあ無理だよムリムリ。視聴率に直結する大ジャニーズ様を怒らせて堂々と出てきたりしたらマスコミ界そのものから抹殺されちゃうって。菊間アナ 私的宴席に呼び出すなんてのも判明して、NEWSメンバー君のイメージ失墜も著しく、オイラはいったんアナウンス部から外に出される可能性も濃厚と見てるよ。

それよりこの事件で気になったのは「がんばっていきまっしょい」スタッフの苦悩だ。編集し直し、台本作り直し。現場はてんてこ舞いだろうな。まだ第2回だったことと、事件起こしたのが錦戸君の方でなかったのが不幸中の幸いだが。そして代役はこういうところに落ち着いたらしい。それにつけても相武紗季と岩佐真悠子がいるなら男子ボート部入部殺到だよな。オイラも入る。

「妖怪神社」でヒット祈願…「妖怪大戦争」出演者ら。こういう記事を見ると、鳥取出身で妖怪好きだった大学時代の後輩を思い出す。水木しげる、荒俣宏、京極夏彦、宮部みゆきというおそるべきスタッフ陣に支えられた映画だが、果たしてヒットするのかどうか。「帝都物語」の加藤保憲が登場するところに期待度大。とはいえ、演じるのが嶋田久作でない点は多くの映画ファン同様にオイラも残念で仕方ない。嶋田久作はフジの深夜枠でやってるニッポン放送を舞台にしたライブドアへのあてつけみたいなドラマに出ているが、ヘーコラした役どころでこれまた残念なのである。
posted by しろやん & いなやん at 15:50| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

それ行け!キクマ。 byいなやん

菊間アナへの風当たりが厳しい。当たり前だが。で、これも当たり前なのか、同系列のサンスポ、軽犯罪にはやたら厳しい夕刊フジにはネタにあがってこない。いろんな意味で同じアナの狢だなぁ(笑)、と思ったりもする。

こんな時こそ菊間アナには堂々と表に出て、すべてを話し、謝るところは謝り、責任を負うところは負って、
「だからなんじゃい!」ってな感じで頑張ってほしいなぁ。おいらは菊間アナが好きなので、どんな逆境のときでも応援する。いや、むしろ逆境のときこそ応援するのがファンってもんさ。

だから、それ行け!キクマ。(もう7年前かい。)
posted by しろやん & いなやん at 19:46| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

オイラがメジャーなものをとりあげるとむしろ新鮮 byしろやん

などと思われているのではなかろうかと。菊地成孔が邦楽を斬るみたいな感じで。

そこで彩音でウタダ、斬るでGLAY × EXILEですよ。とりあえずメンバー並べただけでたいへん凄そうなのですが、PVだとこの人たちが全員で向こうからこっちに歩いてきて、バックで炎がドカンと燃えてたりするんですよ。何かそれだけでもうね、凄いんですよ。見た瞬間に「あ、売れるね。これは絶対売れるね」と誰しも思うのではないかと。音楽なんか二の次でね、並んでるだけで売れる。これはたいへん凄いことですよ。全然ネガティブな意味でなく。単純に凄い。いや音楽の方も歌の上手いボーカリストが3人いるんだから悪いはずないのだけどね。

「電車男」が読みづらいという話、確かに2ちゃんねる掲示板を読みなれてないとツライかもな。独特な言語も出てくるし。ドラマ版で我修院さんが「詳細キボンヌ」担当なのはそこら辺の「よくわかんないけどそれっぽい空気感」みたいなところでアイロニカルに役を当てこんだという感じなんだろね。

橋本急死でわかったプロレス界の大惨状。橋本真也の死はショッキングだったけど、プロレスの死だってあっけなく来るかもしれないのだ。本当の話で。明けて本日はノアの東京ドーム大会。流石にオイラも時間が空いてりゃ観たいカードが目白押しだが、客入りがどうなるかは蓋を開けるまでわからん。当日券は出すらしいけどな。
posted by しろやん & いなやん at 00:36| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

きついなー byいなやん

折角薦められた「電車男」なのだが、どうもこういう一連の文体というか形式というか表現方法は、自分にとって、かなりの精神力を要求されるので非常にきつい。昔、M塾の塾長が書いた小説と同じぐらいだ。まぁ時間をかければ何とかなるかな。それと、なぜ「彩音」が「サイオン」でなく「アヤネ」でなく「イロドリオト」なのか。それはおいらの気まぐれによるものではなく、それなりの根拠(?)があるのだ。それは「イロドリ」「オト」だと一発で該当の漢字に変換できるんだよ。だから入力するときはイロドリオトというわけ。OK?

以前のネタにもあがったクロマティ氏の仮処分申請が取り下げ。まぁいい判断だと思う。何事も落としどころは必要ということなんでしょう。破壊王の遺作が埋もれなくて良かった。
posted by しろやん & いなやん at 18:35| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

それは読みが浅いというもの byしろやん

なぜ彩音にて無理繰りでガッキーを採り上げるのか? それはあと1年以内(推定)にご理解いただけるのではないかと。
しかしあえて「アヤネ」と読まないところがいなやんらしいね。

さては、いなやん「電車男」を読んでないのかな? あれは純愛ものなんかではなくって、相当に不純な恋愛ものでっせ。誰もが冷める後日談とかもけっこう有名なはずだ。もっとも、ストーリーの核になるのは主人公の成長物語と、それを励ますネットの住人たちの盛り上がり具合の方。恥ずかしながら原作というか元々のやり取りを読んで涙してしまった口なので、オイラはあんまり否定的になれないんだよなァ。流行に乗るとかでなく、物語として面白いからまだなのだったら読んでみなよ
今期のドラマはどれもハナッから手堅いつくりなので視聴率は全体的にけっこう稼ぐと予測できる。ただ、映画からのコンバートものが多すぎるし、記録より記憶に残る作品が出そうにないんだよなァ。

「エンタ」で人気!魔邪のネタが大流行。乙部さんを無視して魔邪なのだが、この人の「コノヤロー!」とマイクを投げた後のアクションは意外とちゃんとプロレスを研究した成果が出ていて、そこでプロレスLOVEポーズかよッ!とかツッコミ入れられるのがむしろ楽しい。

シュガー佐藤 惜しまれ寿引退。もうずいぶん雑誌でしか追いかけていないけど女子プロ好きのオイラ。特に尾崎魔弓とOZアカデミーにはさまざまな思い出と思い入れがある。ヒールの中でも愛すべき華麗さというかスマートさを備えている集団でな。集団な。軍団とか云いたくない雰囲気があるんだもの。佐藤の力強いファイト・スタイルも好きだったなぁ。お幸せに。

どさくさにまぎれて新企画を始めてしまったので、「斬る」ではいなやんにどんどん活躍していただきたいと。「音楽交通情報」は密かに更新されるので、下の方までチェックしてナンボ。みんな演劇情報も見逃すな! 青年座の公演とか無料だぞ無料。
posted by しろやん & いなやん at 02:03| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

一週間雨ですな byいなやん

しろやん、あのさーガッキーネタはこっちじゃねーのか?無理にイロドリオトに載せることもあるめぇ(笑)。よろしく頼むぜ!

さて、フジの電車男が好調らしい。ふーん。そんなに「純愛」に飢えてるのかねぇ。俺はこの手の類のドラマは見ないので、ドラマについては特に何もないが、「純愛」ってのはな、見るものではなく、するもんだぜー。な、またやん!

千葉ロッテマリーンズが、ここのところ苦戦している。好調時の勝負強さは陰を潜め、なかなか点が取れないのがつらいところだ。どんな強いチームもシーズン中は浮き沈みがあるもの。パリーグはプレーオフがあるので、さほど心配はしていないが、ここが踏ん張りどころだ。がんばれ!千葉ロッテマリーンズ!!!
posted by しろやん & いなやん at 18:12| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

そっかー。しろやんはいまだ肩フェチなのかい(ニヤリ)。 byいなやん

いつかこれを書こうと思っていたのだ。でもなかなかきっかけがなくてね。皆さんは「大学堂」をご存知だろうか?しろやんは知ってるかな?要はトラックの移動販売で、ホットドッグやらアイスクリームを売っているお店なわけだが、このトラックから流れるメロディが秀逸なのだ。まずはその曲を聴いてほしい。曲を聴くときはこちら。初めて聴いたのは10年ぐらい前かなぁ。たまたま会社の近くに来てたんだけど、その妙なリズムとメロディに心打たれましてね(笑)。でもその時はその移動車の存在を認識できなかったんですよ。最近になってようやくその移動車に遭遇することができ、「大学堂」の名前を知ったのであります。なんだかこの感じがいいねぇ。今度はぜひ実際に購入してみたいと思います。あ、CDも欲しいな(笑)。


でかジャケ。広島で言うとさしあたり「刑事です」の意味か?デカじゃけん。冗談はさておき、こういう対抗策は大歓迎かと。著作権保護の名の下にコピーできないCDもどきを作ってみたり、料金を上乗せ徴収するなど意地の悪い対抗策よりはずっと好意が持てる。「所有する喜び」はやはりあると思いますよ。がんばってください。


さて、本日のジンギスカーン。まだあるんだねぇ、こういうの。溺れる者は藁をも掴む。似たような話がニュースでたくさん出てるんだから、そろそろ賢くなってもいいと思うのだが・・・。まだ似たようなのがたくさんありそうですな。ご用心。でもなんだか高田総統みたいな・・・。
posted by しろやん & いなやん at 18:44| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

人を幸せにする男 byいなやん

どわーっ!このHPでも紹介していた西田尚美様がご結婚。先日の佐々木恭子様に続く、ショッキングなニュースである。今年は、おいらの大好きな人が次々結婚する年なのか(涙)。ええい!ならば予言しちゃる。今年暮れまでに木村郁美アナは結婚する〜っ!かも!?また、早く結婚したいと思っている女性の方、ぜひお知り合いになりましょう。西田尚美様、お幸せに。えーんえん。

さて、今日のかおる姫。ただし、杉の方。いやー、怖い女だねぇ。私の心が空ならば〜必ず真っ白な鳥が舞う・・・いや、絶対血染めだと思うぞ。

そんな中、テレ朝、視聴率2位。ふーん。まぁ視聴率も上がればこいつの発言も責任重大というわけで。まぁ無神経な発言は慎みましょう〜。
posted by しろやん & いなやん at 17:49| 旧しろやん・いなやんの「世相を斬る!」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする