2017年11月02日

サザエさんと、aibo。byいなやん

東芝が「サザエさん」降板へ 放送開始から48年間スポンサー

本体の経営が危機的状況の中、社員を守らず磯野家守ってどうする、ってことなんだろうけど、なんか寂しい話ではある。もっとも、昔々と違い、今は東芝の一社提供ではないので、まぁ東芝が抜けてもなんとかなるかな?という気もする。高須さんが興味津々らしいが、パナソニックあたりが手を挙げれば丸く収まるんじゃないかしらね。

ソニー 新型“aibo”(アイボ)「ERS-1000」を発表

一方、業績が回復しているSONYは満を持して12年振りに犬型ロボットの後継機を発表。何だろう、不思議なもので本物に似せるほど嘘っぽく見える。それはCGの方が嘘っぽく見えるのと同じようなものか。自分にはとても欲しいと思えないのだが、でもワシの親戚で、あたかも自分の子どものように人形に話しかける人がいて、それはそれで生きる支えになっているのだろうから、少なからず必要とする人がいるのはよくわかる。

ま、それはさておき、記事中の平井社長の言葉、
『“人々に感動をもたらし、好奇心を刺激すること”がソニーのミッション』に少し考えさせられた。企業とは何のために存在するのか。

ここから言うことはきれいごとではあるが、
企業たるもの、やはり「社会の公器」としての側面を持たないと存在し得ないと思う。松下幸之助氏の言葉、「企業は社会の公器」をそのまま拝借したにすぎないが、そこに企業の意義があって、それはすなわち企業理念だと思う。SONYにはSONYの、東芝には東芝の理念がある。SONYはその理念に基づいてaiboを復活させた。では東芝は?それがサザエさんだったのでは、と思う。

サザエさんに、その昔『明日をつくる技術の東芝』がお送りいたしますと言わせていたのは、その世界に東芝の理念があったからのではないか(もっとも今はキャッチも変わってしまったが)。もし広告としての役割のみ価値を見出してたとしたら、それは『私事』でしかない。もはや東芝は理念すら捨てたのか。背に腹は代えられないとはいえ、何とも残念に思うのである。

とはいうものの、東芝は1スポンサーに過ぎないので、代わりは利くと再度言っておく。


posted by しろやん & いなやん at 19:30| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

ノーベル文学賞はカズオ・イシグロ氏 byいなやん

2017年ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 日本生まれの英国人作家

なんだろう。村上春樹じゃなくて、なんか嬉しい。応援している人には申し訳ないですが。
ハルキストですか?毎年毎年なんか・・・(以下。自粛)

posted by しろやん & いなやん at 22:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

いなやんがチャンリンシャンとか云いだす前に by しろやん

上野に産まれた子パンダの名前がシャンシャン(香々)に決まったそうで。

シャンシャンで検索ぅー!

かわいいよね〜フォン・シャンシャン(わりとマジで)。

さて、上野のパンダに動きがあると値上がりする株があるんだそうで。

パンダ関連銘柄一覧

どこにご祝儀を出したものかわからないから、とりあえず関係があるような気がしないでもない株でも買っておくかぁという発想でもあるらしい。
そんなわけでフォン・シャンシャンちゃんをはじめ、世界中のシャンシャンちゃんの株も上がるんじゃないかと。そんなにいねぇかシャンシャンって名前。



posted by しろやん & いなやん at 19:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

わらううらわ by しろやん

浦和 「私が浦和だ」
東浦和 「私も浦和だ」
西浦和 「私も浦和だ」
南浦和 「私も浦和だ」
北浦和 「私も浦和だ」
中浦和 「私も浦和だ」
武蔵浦和 「私も浦和だ」
JR大宮 「さいたま市とするなら私も仲間だ」
一般人 「やめろ!」
浦和美園 「新人の地下鉄埼玉高速鉄道浦和美園だ」
一般人 「……」

という駅ネタをツイッターでやっていたんだけど、
なんか千葉の方がすごいらしいね。
posted by しろやん & いなやん at 21:59| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

それにひきかえ。byいなやん

一応ここでは姓を公表していないのでモヤッと話すのだが、
しろやんの桐生姓に比べ、おいらのそれはそんなに珍しがられた記憶がない。
それでも親戚以外に出くわしたことは1度もなかった。
よく文具店とかにある認印を今でも探すけど、ほとんど見つけることもない。
知られてる苗字でないから、うちの母親以外にがんばっている人もいないのであろう(爆)。
さらに、残念ながら、しろやんの苗字のように響きもカッコよくない。
実際、どこぞの方言のようだ。

ところが!
こないだ初めてお会いしたのである。親戚以外の○○○さんに。お仕事で。
しかも子どもだよ。
「おんなじ名前だよ」と教えてあげると、その子も嬉しそうだったな。
きっとその子も大きくなったら、同じ姓に会ったのは親戚を除くと1名だけ、
と答えてくれると思う。
それは私です。


全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出
えぇ、おいらも真っ先に思いましたよ。おいおいこんな日にってね。
しかし、8月12日・同じく羽田発大阪(伊丹)行・出発時刻は18:00(実際は32年前は4分遅れ)・さらに異常が起きたのも同じぐらいの時刻っていうじゃないですか。なにこの一致。というか、ANAとはいえ、よくこの日の18時に伊丹空港に飛ばしてたな、ってのにもびっくりなんですが(さすがに日航はその時刻に飛ばさないだろう)。もうね、8月12日は羽田から伊丹に行く便に乗らないほうがいいよ、って話ね。

まぁケガ人もなく戻ってこれたのは幸い。
今年は日航機事故犠牲者の33回忌だそうで、単なる偶然の一致ってところなんだろうけど、
32年前に犠牲になられた520人に「呼ばれた」というよりは、「守ってくれた」と思いたい。
そういうことです。



posted by しろやん & いなやん at 14:04| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

都市公園線なんて絶対言わないんだから。byいなやん

女子高生に「汚物」かけた疑い 住所不定の40歳男を逮捕 春日部

なんと。
春日部駅の事件の容疑者が大宮和則とは、これ如何に!?

東武野田線ネタ。やっぱ野田線。


『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』公開まで、あと5日
posted by しろやん & いなやん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

がんばれ、埼玉高速鉄道。byいなやん

ぶっちゃけダサくね!?と思う鉄道路線の愛称ランキング

絶対ある!と思って見たら、やっぱりあった。

9位 埼玉スタジアム線(埼玉高速鉄道線の愛称)

全国津々浦々、数多の鉄道がある中で、堂々、第9位にランクイン!
しかも、もっとダサいと思っていた東武アーバンパークライン(第10位)、東武スカイツリーライン(第19位)を抑えてのベスト10入り。埼玉一、いや関東一ダサい愛称決定である。
もちろん、決して喜んでいるわけじゃないからね。そんな愛称をつけた運営サイドには真剣に猛省してもらいたい。東武にいたっては、関わりの深い野岩鉄道の「ほっとスパ・ライン」(第5位)も含め、3路線も選ばれて、センスが疑われても仕方あるまい。いや、これまでも疑う余地もなかったが。

そもそも、カタカナを入れた時点でダサい。
カタカナ入れればナウいとでも思ったんだろか。しかもそのおかげでムダに文字数が多くなるってのがどうにも野暮。埼玉スタジアム線なんて、大師線みたいで、如何にもサッカー観戦の客しか乗ってない感じじゃないか。まぁその通りだけど(爆)。それこそ、美園線とか「ラビたま線」でよかったんだよなー。

そんな埼玉高速鉄道だが、近頃では乗り入れている南北線含めて、自然遅延が発生するようになった。ここのところ間隔調整で発車を待つのもしょっちゅうだ。つい1年ぐらい前までは考えられないことだ。とにかく止まらない・遅れない、遅延証明は要らない、ってのが南北線と埼玉高速鉄道の最大の良いところだったのだが。各沿線での乗客が増えているからなんだろうな。

おいらはそれこそ10年以上前から“沿線住人”。今の最寄駅は浦和美園だ。浦和美園は始発駅で、基本利用者はそれほどでもなく、賑わいを見せるのはサッカー開催日ぐらいなものだ。なので、これまでだったら、平日の通勤時間にもかかわらず、少しも並ばずに座席の端っこに座れた。でも最近は1列車待たないと車両位置によっては座れない、というところまで来ている。街に賑わいが出来るのはありがたいことだが、逆も真なりで、帰宅時の車内混雑も増えてきた。

いつか、浦和美園駅の“開かずのホーム”、幻の3番線が常時使用される日は来るのだろうか。


posted by しろやん & いなやん at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

一週間で埋め戻す。byいなやん

博多駅前陥没、発生1週間で復旧

いやー驚いた。先週の博多駅前の道路陥没事故。
こりゃエライことになった、復旧まで1ヶ月はかかるんじゃないの?
これからクリスマス商戦、年末年始商戦の書き入れ時なのに、周辺の店舗や事務所は頭抱えてるんじゃないかしら・・・ 
と思っていた。

そうしたらなんと一週間で埋め戻した。すごいねぇ。
縦横30m、深さ15mの巨大な穴が開いたのに、人的被害なく、たった一週間で仮とはいえ復旧させるなんて奇跡的じゃないですか。こういう時に決まって、復旧費用は?補償は?税金は?と金の問題をクローズアップする向きがある。
いいじゃないか、金で済むんだから。お金で済まない惨事の可能性もあった中、お金で済む範囲で収まって、本当に良かったと思うべきだ。

博多陥没、道路が復旧 事故からたった1週間、「日本の底力だ」と喜んで良いのか

だいたい、事故があった当初も「どこの国の事故かと思った」とか、過去にも起きた類似事故を引き合いに「またも繰り返した」とか、そういうことを言っている人は、たいしたリスクを背負ったことがないんだろう、と思う。どんな生業においても、そこにおよそリスクがあり、それを極力防ぎ、乗り越え、生産やサービスを行うことで、対価を得るというのが社会活動の根幹であり、つまりそれこそが「役に立つ」行為である。そのリスクが大きいほど、それをクリアし得られる対価(金銭的な側面だけではなく、自己成長ややりがい等も含む)が大きい。忘れちゃいけないのは、そのリスクは決して0にはならないということ。「どこの国の事故か」という人は、日本の安全を過信しすぎている。今回の事故も十分に起こりうる事故だった。日本の底力かどうかは知らないが、だからこそ、その後の対応がしっかり準備できていたのだ。


そもそも、危機管理という意味を履き違えているのではないか。
危機管理とは、危機を0にすることではなく“管理”することに他ならない。
どんなにそのリスクを予知し対策を施したとしても、限りなく0に近づける努力をしたとしても、残念ながら事故は0にはならない。大切なのは、事故は起きるものとして、その万一の事故が起こってしまったときにどう対処するか。それこそが危機管理である。
現場監督は起きた異変で素早く判断し、周囲を通行止めにして二次被害を防いだ。事故後は可及的速やかなライフラインの復旧を目指し、突貫で工事を行い一週間で復旧させた。事故が起こったのは残念なことであるのは間違いないが、起こった後の判断、決断、対処が良かったおかげでたった一週間で復旧に漕ぎつけたのは、まさに危機管理がうまく機能した成果であると思うし、そこは素直に認めるべきではないか。むしろ、この危機管理能力の高さが日本のすごさだと讃えたい。

事故を0にするということは、極論、何もしなければいい。ただし、そこには何の価値も生まれない。それでいいのか?マイナス面のあら探しには、ウンザリだ。



posted by しろやん & いなやん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

戦争を知らない子供たち。遠慮を知らない年寄たち。byいなやん

さて、昨日は切々と小田ロスについて書いたのだが、
自分でいうのも何だけども、それゆえに、コンサート中ガマンできずに周囲の客を注意をしたのは1度や2度ではない。遠慮の無い、無神経な輩が最近とみに多くなった。そして大概それはババァどもである。

弾き語る静かな曲にも関わらず、口ずさんで歌う奴。
曲がまだ終わっていないのに、思いついたことをベラベラしゃべる奴。
さらに声がでかいとくる。これが大抵女性(ババァ)。
声が大きいのは、恐らく、耳が遠くなったからだと解釈している。

いや、別にいいのよ。盛り上がる曲中なら。
歌ったっていいし、叫んだっていいし、大いに盛り上がってもらっていい。
でもね、曲を選べよって話。
「言葉にできない」みたいに、会場中、ピアノと小田さんの声しか聴こえないようなシチュエーションで、横から耳障りな変な声が聞こえたら台無しでしょ。そういうこと。

そこで、注意することを決意するのだが、
ただ、その方々も一応楽しみたいと思って来ているわけなので、その気持ちを踏みにじらないギリギリのところで、口に手を当てて(静かにしてください!)と精一杯の指摘を試みるのである。まぁ、大概それでわかってくれるので、ありがたいのだが。

それにしても、そんな輩が年々増えてきたように感じる。
と、いうことは、それは高齢になったゆえ配慮が至らないということか。
若い頃はできたのに、年を取って遠慮することができなくなった高齢者。
やだやだ、年は取りたくないねぇ。

そういえば、小田さんのコンサートの中で、気がついたことがある。例えば、

開演前に、小田さんやオフコースの音楽についてあれこれ語るのは、大抵男性
その方はカップルで来ている率が高い。一生懸命相手に説明をしているのである。
開演前に、全く関係の無い話を止め処なくまくし立て、ゲヒャゲヒャ笑って
盛り上がるのは、女性
会場内が暗転しコンサートがいよいよ始まるというのに、
自分の話をやめようとしないのも、女性
会場内が静まり返った時に、決まって咳き込む奴がいる。口を抑えればいいのに、
それをしないから響くので耳障り。割合的に男性が多い。
会場内が静まり返った時に、ビニール袋をガサガサする奴がいる。
のどを潤す水を取るのだろうが、本当にうるさい。大抵女性である。
コンサート会場にはビニール袋持込禁止にしてもらいたいと本気で思っている。
指笛を吹く奴がいる。決まって男性。なぜ男は指笛を拭きたがるのだろうか。
MC中、客席から変な声をかけるのは、小田さんの場合は女性。チューリップは男性が多い。

楽しみ方は人それぞれ。それは判る。
だから、逆に1音1音、大切に聴こうとしている奴がいるってことも理解してくれ。
静かな曲は、静かに聴こう。当たり前のことじゃないか。
おいらは、最後の1音が消えるその瞬間まで、拍手はしてくれるな、そのぐらいの思いなのだ。

その点で言えば、横浜2日目の観客は、とてもマナーの出来た観客が多かったと思いますな。

posted by しろやん & いなやん at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

最終的には和解勧告か。byいなやん

大川小の津波訴訟、宮城県も控訴へ 石巻市は議会が承認

同情の余地はある。
もし未曾有の天災がおこり、もし自分の子がそうなったら。
と、置き換えて考えてみることもある。

しかし、この横断幕を見たら、とても応援する気にはなれない。

『先生の言うことを聞いていたのに!!』

『学校・先生を断罪!!』

誰がこんな入れ知恵をしたのか。
なんだよ「断罪」って。怖がり怯える子どもたちを懸命に守ろうとし、なおかつ教職員も10名が犠牲になっているにも関わらず、その先生に対し「断罪」って。どのような理由であれ、およそ共感はできない。

今回の判決では、これまでの訴訟事例から、「予見」ができたかどうかで判断したと思われる。つまり、これまでも「予見」ができれば有罪、できなければ無罪、大雑把にいえばそれが基準だ。
しかし、仮に予見できたとしても、指定避難所から別の場所への移動は相当慎重な判断が必要だ。小さい子もいる中での移動、保護者が迎えにくるかもしれず、その中で安全な場所を正しく把握し、短時間で避難させることが困難だったことは容易に想像がつく。予知という部分で不備があったとしても、努力をした先生方に対し「断罪」と言い切るのは、まったくもってナンセンスだ。
訴訟自体は心境は理解するのだけれども、その先生方に対し「断罪」という言葉を使う原告側の姿勢は、やはり間違っているのではないかと思う。少なくとも多くの人の心が原告側から離れた。

本当に誰の入れ知恵なのか。どこぞの市民団体のようじゃないか。
人の力ではどうしようもないことがある。
悲劇であることは誰も疑わない。しかし、
「子どもを利用している」「金で解決する」というレッテルを貼られて、
本当に天国の子どもたちは喜ぶとお考えなのか。

「真実はいつもひとつ!」というが、実は真実はひとつじゃない。
人の数だけ真実はある。ただし、事実はひとつだ。
未曾有の災害で、多くの子どもたちと教職員が亡くなった。
できることはその事実から何を学ぶかである。

亡くなった子どもたちは、きっと先生が悪いなんて思ってやしない。
それは、遺族側の半数以上が訴訟に加わっていないことからもわかるのである。

posted by しろやん & いなやん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

知らなかった「まいど」の閉鎖。byいなやん

破産直前に財産隠す 容疑の通販サイト元社長逮捕

知らなかった。
通販サイト「まいど」が昨年閉鎖破産していたなんて。

以前、おいらも利用したことがある。
といっても、もう10年以上も前の話だけど、その時はたいへん良い対応をしていただいたこともあって、本ブログでも紹介したことがある。

ニュースでもって親しき店の近況を知る。
人も同様。いやー流れた時代の重さを感じずにいられない。



posted by しろやん & いなやん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

なめたらアカン〜の文学賞 byいなやん

ノーベル文学賞にボブ・ディラン氏

村上春樹がノーベル文学賞に相応しいかどうかは知らないが、村上春樹にノーベル文学賞を取らせたい方々にすれば、受賞者がボブ・ディランということで、まぁ、仕方ないという納得感はあったかと。ボブ・ディランを出されちゃあね。

賛否噴出しているらしいけど、まぁ、いいんでないですかね。
文学を定義で型にはめるのはどうなの?という気もするし、もしどうしても認められないのなら、それはいわゆる“文学界”に該当者がいなかった、ということなんじゃないですかね。
良いものは良い、でいいじゃないの。まぁ本屋はがっかりするだろうけどね。

ま、いずれにしても今回の受賞をコケにしてはいけない。
なんたって “Like a Rolling Stone” ですから。


A rolling stone gathers no moss.(転がる石には苔が生えぬ)

posted by しろやん & いなやん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

災難、二郎。byいなやん

「今さら・・・」と聞くと、反射的に「今さらジロー」とかけるお方がいる。
典型的なおやじギャグである。

同じく「じろう」さんという人がいると、「今さらジロー」を持ってくる人もいる。
決して「ごめんネ・・・ジロー」ではない。
田宮二郎でも、坂上二郎でも、轟二郎でも、冠二郎でも、渥美二郎でも、杉田二郎でもない。

この世に登場して30年以上も経つのに、いまだ「今さら」「じろう」で語られる、この破壊力。
さほどヒットしたわけでもないのに「今さらジロー」、恐るべしなのである。

そんな今さらジロー、ラーメン二郎なお話。

「ラーメン二郎」、券売機壊され20万円盗まれる

やー神保町だよ。うちの会社の近くだよ。
ヤフコメ欄には、
「アブラマシしても現金は抜かないとね… 」とか、
「ニンニクは入れても現金は抜いとかないと… 」とか、
皆さん、うまいことおっしゃる。軽い笑点状態。

あとは無事に犯人が捕まるかどうか、ごろうじろぅ(ご覧じろ)ってね(爆)。

posted by しろやん & いなやん at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

一生行かないんだろうな〜と思う都道府県ランキング発表。byいなやん

一生行かないんだろうな〜と思う都道府県ランキングなるものが発表された。

おいらは絶対あそこだろうと思った。でも違った。まぁ砂丘もあるし大山もあるから結構いくのかな。

47都道府県。まだまだ行ったことがない、というか足を踏み入れたことの無い所がある。
どのぐらい行っていない都道府県があるのかしら。気になったのでチェックしてみました。行ったところが○、まだ行って無いところが×ね。

一生行かないんだろうな〜と思う都道府県ランキング
1位 佐賀県    ○
2位 沖縄県    ○
3位 青森県    ○
4位 山形県    ○
5位 秋田県    ×
6位 島根県    ×
7位 福島県    ○
8位 鳥取県    ×
9位 岩手県    ○
10位 福井県    ×
同10位 徳島県   ×
12位 岐阜県    ×
13位 茨城県    ○
同13位 群馬県   ○
同13位 山口県   ○
16位 栃木県    ○
同16位 大分県   ○
18位 高知県    ×
19位 富山県    ×
20位 岡山県    ○
同20位 鹿児島県  ×
22位 滋賀県    ×
同22位 愛媛県   ○
24位 宮城県    ○
同24位 熊本県   ○
26位 和歌山県   ×
27位 北海道    ○
同27位 宮崎県   ○
29位 三重県    ×
30位 石川県    ×
同30位 山梨県   ○
32位 香川県    ×
33位 愛知県    ○
同33位 長崎県   ○
35位 新潟県    ○
36位 兵庫県    ○
37位 埼玉県    ○
同37位 静岡県   ○
39位 東京都    ○
同39位 神奈川県  ○
同39位 広島県   ○
42位 長野県    ○
同42位 大阪府   ○
44位 福岡県    ○
45位 奈良県    ○
46位 千葉県    ○
同46位 京都府   ○

おいらは47都道府県中14県、約3割の県にまだ行ってないことがわかった。

これは非常にもったいない。どこも行ってみたいところばかりだ。
せっかく日本に生まれたのだから、一度は行って、その良さを堪能したいね。

posted by しろやん & いなやん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

シン・コイン byいなやん

最近、お釣りとかで小銭をもらうと、キラッと光るのが目につくのね。
よく見ると、平成27年とか28年製造のとかが多い。

2016081419010000.jpg

28年ということは今年作った奴でしょ。もう流通してるのね。

比較的最近作られたものばかりということは、小銭の入れ替えとか銀行でしてるのかな。
それともたまたまなのかしら。気になってしょーがないのよね。





posted by しろやん & いなやん at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

土用の丑の日はいらない。ほんとに。byいなやん

土用の丑の日はいらない

本日は土用の丑の日。
どこもかしこも、鰻、うなぎ、ウナギ。
まるで、この時期食べない方がおかしいぐらいの空気感。
そんなにウナギが食いたいのかね。

ウナギの収穫量が厳しくなっている昨今である。

ウナギを食わなくても、生きてはいける。
夏バテ防止とかいっても、1食ぐらいで何とかなるモンでもなし。
まして、土用の丑の日にウナギを食す法律があるわけでもない。

土用の丑の日、正確には、夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣は、
平賀源内が発案したというのが有名な話だが、しかし、その根拠は
「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という他愛のない話らしい。
であれば、梅でも馬でも雲丹でもウズラの卵でもいいのである。

食べるなとは言わんが、そこまでして、あえて食す必要はない。
不景気不景気と言う割に、世の中贅沢だ。
もう少し食に対して謙虚になってもいいと思う。

posted by しろやん & いなやん at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

ポケモン誕生20年の今年。ブーム再び?byいなやん

「ポケモンGO」が国内サービス開始

早速、会社の周りでもチラホラやってるっぽい人が出てきております。

なんだかニワカに出てきました、この「ポケモンGO」。
正直、そこまでのものかと思うけれど、
テレビの特集とかで見ると、確かに良く出来たゲームだなぁと思いますね。
コロンブスのたまご的に、今後似たようなゲームがどんどん出そう。
この夏休み突入直後のリリースってのが絶妙だよね。
こどもたちの自由研究でポケモン出現ポイントとか、ありがち。
ゲームをやる理由ができてよかったね、てなモンだ。

でも自宅にポケモンとか出てきたらやだなぁ。
夜中に知らない人が家の前に立ってるとかさ。可能性あるわけでしょ。怖。

まぁいつまでブームが続くかわかりませんが、少なくとも半年ぐらいは話題になりそう。もうね、今年の流行語大賞は「ポケモンGO」で決定ですね。

でも、おいらはやらないよ。
だって、スマホ持ってないもん


posted by しろやん & いなやん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月29日

だって渋谷の丘の大学じゃないの。byいなやん

國學院学長とウサギ、取り違えビラ 作成した学生に処分検討

知る人ぞ知る、おいらは國學院大學付属の高校出身である。
それこそ「らしい」エピソードは枚挙にいとまないが、例えば数多ある菓子類の中で「ガム禁止」というのがあった。その理由が「ガムはアメリカから入ってきた悪しき文化」というのである。わざわざ副校長が全校朝礼で言うのだから恐れ入る。学生ながら苦笑しきりだった。一応守ったけどね。そうだなぁ、二十代そこそこまで守ったかな。ほら、基本マジメだからさ。

そんな精神の基を極むる処である國學院大学が、ひょんなことで話題になっている。

こういうところでの対応が、その後の評価を左右することは多い。
本質ではなく建前やミテクレに捉われすぎるのは、言葉を借りれば「日本の悪しき文化」だと思われますな。ここで笑って済ませるとか、不問にするとか、フトコロの大きいところを見せられるのかどうか。まぁ大学なんてステータスがないと生きていけない輩が多いから、見栄やプライドが少しでも汚されたと見れば、速攻排除するようなくだらない社会が根強いのですよ。

これは本当の話。ここの大学ではないけれど、ある人が某大学教授の方と連絡をとった際に、「様」をつけてメールをしたところ、失礼だ、「先生」だろ!そんなの常識だ!と本気で立腹されたという笑うに笑えないエピソードを知っている。どっちだっていい。自らを「先生と呼べ」という恥ずかしさ。その程度も許容できない、そのぐらい世間からずれた連中もいたりする。

いずれにしても、私学であれなんであれ、大学も世間から生かされている存在だということをお忘れなきよう。

posted by しろやん & いなやん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

スクランブル。byいなやん

熊本の地震。
やっぱりさ、いろいろ考えさせられるわね。
地震に触れるにしても触れないにしても、そういう気分でブログを更新するのは、やはり慎重にはなりますわな。デマに振り回される報道側とかね、タイムリーにそれをTVで見ましたけれども、何やっとんじゃ!ってね。アナウンサーがヘルメット被ってるのに、そのすぐ裏のスタッフは普通の格好、とかね、どうなのよと。ツッコミどころ満載だったわけですが、それを言わせない重さがありますわね。

なので、タレントがSNSなんかで炎上しちゃったりするわけですが、いや、基本的に不謹慎だなんだと騒ぐ方が不謹慎極まりないと思っていますが、やはり発信する方ももう少し慎重になった方がいいと思ったりもします。みのもんたとかね。

速報にしても、デマにしても、支援にしても、叩くにしても。
なんですぐにいろいろ発信しちゃうのかね。いつもスクランブル【緊急発進(信)】状態。
『発信せねば!』という使命感にかられるのか。
あえて発信しない強さってのもあると思うんですがね。

そういいながら、結局おいらも発信しちゃってるんですが。


posted by しろやん & いなやん at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

5年。byいなやん

あの日から5年が経ちました。
もう5年。でも復興の道のりはまだまだ長い。

節目ってね、やっぱり大事だと思うのよね。
幸いにして僕らは生きているし、多くの記録と記憶が、何が大切なのかを思い起こさせてくれるんだよね。
まぁ、完全に自己満足だけど、今年も一人で黙祷したよ。
街は当然ながら普段どおり。でも、それでいい。忘れないでいれば、それでいいと思う。

嫁から半ば呆れられているんですが。
震災関連でテレビ番組なんかで特集が組まれるじゃないですか。基本的には見るんだけど、あの効果音楽とか本当にいらない。あれって所詮は印象操作じゃん。再現ドラマとかもそうなんだけど、あまりにひどいとチャンネル変える。効果音も再現ナンチャラも結局はフェイク。知りたいのはドキュメントだ。そこにこそメッセージがある。


そして、連日で申し訳ないが、どうしてこういうバカ教師が後を絶たないのか。

3月11日の給食に、赤飯を出すのは「不謹慎」なのか――。

埼玉県吉川市の中学校で16年3月11日に提供される「卒業お祝い献立」に、市内の中学教諭が抗議の声を上げたという。いわく、「震災の日にお祝いをするのは不謹慎だ」

関係ないですね。バッカじゃなかろか。
2択アンケートにて「震災の日と学校の祝いは分けて考えるべき」が96%で圧倒的な支持を集めたとあるが、当たり前です。この教師が如何に世間ズレをした人物なのかを、周りの人はしっかり認識して欲しいですな。


おいらが、この教師に対してもっともイラっとするのは、「生徒に説明できない」ってとこ。
しろよ。いくらでもできるって。もうさ、思考するのを放棄しちゃってるんだよね。てめぇの思想は100歩譲って良しとしても、生徒のせいにするんじゃねぇって。こんな教師に担任が当たってしまった生徒の皆さんには心から同情しますわ。

あの日を忘れないってことはさ、自粛することじゃない。
毎日の暮らしの中で、しっかり生きるってことに尽きる。




posted by しろやん & いなやん at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする