2017年06月23日

生きるといふこと。byいなやん

小林麻央さん死去 34歳

10年前に父親ががんで亡くなって、母親も2回乳がんやって、そんな経緯もあったから、本人ブログの情報からある程度、その段階がトレースできた。それでも本人の強い意志が「もしかしたら」と期待させたのだが、とても残念に思う。

同じ病気、或いは同じ境遇の方たちにとって、彼女の戦う姿や前向きな言葉に大いに励まされ、元気づけられたに違いないのである。彼女は希望。だから「やっぱり」とは思いたくない。現実とは往々にして悪い冗談を選ぶ。

最後まで生きる。彼女の生き方とメッセージは、多くの人の心の中で生き続ける。

posted by しろやん & いなやん at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

ドン、ドンドン、どん底〜 ア・キ・ラ! byいなやん

今話題のアキラ。といっても100%じゃないよ。

温泉旅館で活動、歌手の男を児童買春容疑で逮捕

宇都ノ宮晃。最近TVでチラホラ出てたよねー。名前覚えてました。
栃木のプリンス、ホテルニュー塩原の専属歌手、おば様たちのアイドル。ホテルに住み込みで毎日ショーを開催、とにかく彼が目当てでニュー塩原に集うオバちゃん多数。中には週5で東京から塩原に通うツワモノもいるとかいないとか。そんなオバちゃんたちの夢を一瞬にして奪う現実。つまりは、ババァよりJK、ってことだったわけね。アキラを支えたい、アキラを男にしたい、アキラを紅白に(目標は紅白出場だったらしい)!と、一身を捧げて応援してきた皆さんの落胆を思えば、同情の念を禁じえない。

今ではもう見られなくなっているが、晃ちゃんの相棒なる方がおりまして、宇都ノ宮晃のマネジャー兼ニュー塩原の支配人という人がブログをやっておりました。
20170605blog.jpg

“晃が体調不良で休演”だって。
逮捕される前の更新なので、ホテル側には本当にそのように伝わっていた可能性もあるが、本気にしたファンは「キャー!ワタシのアキラ!お見舞い送らなきゃ!」とか思ったんだろうなぁ。
ホテルニュー塩原も大変だよ。集客装置の一大スキャンダル。予約のキャンセルや今後の客足にも影響があるだろうね。もしかしたらアキラは損賠請求されるかもしれない。いやはや。ほんの出来心がとてつもなく大きな代償となってしまった。

好事魔多し。人気絶頂時の落とし穴。キジも鳴かずば撃たれまい。
TVなんかに出てもてはやされて、有名にさえなってなければ、こんなに大きく取り上げられることもなかったのに。紅白の夢も、オバ様たちの夢も、大事なお仕事も消えて(恐らく)。

そんな彼に豊臣秀吉の辞世の句を模して送りたい。
露と落ち 露と消えにし アキラかな 栃木のことも 夢のまた夢

オソマツ。

posted by しろやん & いなやん at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

夢だけ見てる、ような。 byいなやん

中江有里、ドラマ共演アイドルの孤独死に涙

そんなに追っかけるほどでもなかったけれど、おいらの好きなアイドルといえば、佐野量子、中江有里、そして川越美和だった。なんとなくわかるでしょ、系統が。川越美和が、なんと9年も前に孤独死していたという。活動自体何をしていたかもよく知らなかったけれど、それでもどこかで幸せに暮らしてるんだろう、とばかり思っていたよ。

第31回日本レコード大賞新人賞を取った「夢だけ見てる」は、小椋佳作詞、玉置浩二作曲という凄まじい作品だ。しかも編曲は星勝。もっともこの曲を聴いたのは、5年前に玉置浩二がセルフカバーしたアルバム『Offer Music Box』が初めてだったが、玉置浩二がこれまた好きだった川越美和に曲を提供していたことに、ちょっとした嬉しさを感じていた。

確かに、ちょっと薄幸なイメージもあったかもね。
それが9年も経過してから公になるってのも、なんだかせつない。


posted by しろやん & いなやん at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

東京出身はひとりもいないらしい by しろやん

珍しくも日本のバンドにハマッてしもうた。



東京カランコロン
エイベックスから離れたばっかりなので支援。
posted by しろやん & いなやん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

ヤマト値上げへ by しろやん

連日のいなやんのヤマト・フィーバーを見るにつけ、
いったいどこで割り込んだらイイのYO!
という気持ちでおりましたが、夢中になれるものがあるって素晴らしいことです。

先日、天田優奈さんという方の話を振られましたが、
かんずぇんにいなやんの好きな「お姉さん系」じゃないですか。
ここのところわたしは浜辺美波ちゃんしか見えていませんでした。
今ごろ?とか云わないで〜。

浜辺美波らしさのある静止画が意外とない

今だと『左江内氏』のアイドル回の娘といえば早いかな?
アマゾンプライムで観られる麻雀マンガの実写化『』では、主人公を演じている。
いま映画版も公開中なんだけど、埼玉でやってくれないんだよなぁ……。
まだ高校1年生なんだが、そうさなぁ5年くらいの間に彼女が学生を演じる作品を少しでも多くつくってほしいものだ。
そう思えるような女優が数年おきに現れはするのだけど、もったいない使われ方で貴重な時期を無駄にしてしまうようなことがどうしても起こってくるのでな。

さて、その『咲 -saki-』ではメインキャストの5人が清澄高校麻雀部という名義で主題歌も歌っているのだ。
スパガ浅川梨奈エビ中あいあいといった普段から歌ってるメンバーはさすがに上手い。
古畑星夏(噂のレプロやで)、山田杏奈(埼玉一頭イイ女子高在学中とか!)という今後は歌手活動しなさそうな面子もなかなかちゃんとこなしているじゃないか。
という中、もしかしたらサティ以来なんじゃないかという実にあやういボーカルを聞かせてくれる浜辺さんにもう脱帽なのでございます。

カップリングは、のーもーくらーい

みんなで応援しよう!



posted by しろやん & いなやん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

森雪といえば、byいなやん

之丞。
img_face.jpg

なんつって。

山本美月は可愛い。カーといえばグー!が特に。
「となりのシムラ」もグー!

posted by しろやん & いなやん at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

『女子ーズ』は映画館で観たんだぜ by しろやん

さぁ、どの森雪がいいんだ? ←クリック!

……松本零士キャラを体現できる人物なんてそうそういるわけないわな。

まぁ、山本美月くらいだろう。

メーテルですけどね
メーテルですけどね。

ちなみに、いなやんの好きなウルトラ系のキャラだってできる。

ジャミラ
解説不要

そんな山本美月さんが出演するテレビドラマ「嘘の戦争」は絶賛放送中ですよ!

たまにしか観てないけどな!

posted by しろやん & いなやん at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

夜だ、8時だ〜 byいなやん

ドリフの時間〜

ということで、本日2月8日はアニバーサリーです。
あの「ドリフ大爆笑」の放映が始まった日であります。
なんと、今年で40周年。1977年2月8日にその伝説は始まったのです。

もう、何度繰り返し見たことか。
それでも見るたびに新たな発見があり、感心し、また見入ってしまうわけであります。

ドリフ見るなら、ファミリー劇場
長らくオンエアし続けていただき、ありがとうございます。
5才のうちの娘も、ドリフが大好きです! アイ〜〜ンっ!



posted by しろやん & いなやん at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

おヒョイさん、逝く。byいなやん

藤村俊二さん死去

そうですね、人によって思い浮かべる番組ってそれぞれなんでしょうが、自分の中では『ぴったしカンカン』ですね。ぴったしチームの4枠目でトボけた回答で笑いをとる。あとは『西遊記U』の玉竜だな。そして、記事にもあるように、『8時だョ!全員集合』のオープニングの振り付けをしたという功績を忘れてはならない。
まさに、「飄々とした」を体で表したような。合掌。
posted by しろやん & いなやん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

ザクとは違うのだよ、ザクとは。byいなやん

グフ!グフっ!! グフ〜っ!!!
やっぱグフだよね。うん、確かにグフだ。うんうん。いや、グフはいいよ。
どう考えても指先から弾が出るって物理的に不可能だ。
どう考えても手首から自分の背丈ほどの鞭が飛び出るって不可能だ。
でも、それがグフ。
実はガンダムが一番傷つけられた相手って、ジオング以外ではグフなんだよね。ザクなんかじゃ傷すらつけられないんだから。
「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」

「魁皇とは違うのだよ、魁皇とは!」
稀勢の里 横綱へ
これまで期待されながら何度となく応えきれないでいた稀勢の里。
ようやく優勝、横綱となることができた。日本人の横綱は若乃花以来、19年ぶりというから、随分と時が経ってしまった。しかし、大切なのはこれからだ。今場所の鶴竜、日馬富士のように、負けが込んで休場するような、そんな情け無い横綱はなら要らない。白鵬も以前のような無敵さは無く、鶴竜、日馬富士もパッとしないそんな時だからこそ、本来の横綱の姿をぜひ見せてもらいたいものだ。

「祐樹とは違うのだよ、祐樹とは!」
松方弘樹が亡くなって思うことは、やっぱり年金支給は70じゃダメでしょ、ってこと。65が限界。70過ぎても元気な人が多いというが、そうでない人もやっぱり多いんだよ。

posted by しろやん & いなやん at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

何なんだ、一体。という話。byいなやん

実はここのところ、毎週名古屋に出張。
今朝戻ってきて、ようやく今年の役目終了。まぁさすがにしんどい。
しばらくは新幹線に乗りたくないなぁ。そう考えるとうちのおエラさん方も、結構大変なんだな〜と思うのである。

そんなことで、あまり更新できなかったんだけど、
思わず「何なんだ!」と突っ込んでしまった、話題を紹介。

ASKA嫌疑不十分で釈放
いや、待て待て。嫌疑不十分はいいにしても、そもそもなんであらかじめ用意したお茶を採尿カップに入れたのか。今回は不起訴処分となったのかもしれないが、それでも彼は大きなものを失くしたのではないか。そんな気がする。

小池百合子都知事も応援 「JAPAN WOMEN AWARD 2016」を開催
なんか名古屋のホテルでテレビを見てたら、小池百合子氏が言うんですよ。
『普通の国をつくりましょう』と。
おいらは基本、小池百合子には頑張ってもらいたいと思ってる。都政に風穴を開けて欲しいよね。でもこの人、なんか変な表現をする。横文字多いのもどうかと思う。
何を持って『普通』というのか。世界には、飢餓に苦しんでいる国がたくさんある。銃を持つのが当たり前の国もたくさんあるし、テロが日常的に起こり、戦争状態の国もたくさんある。貧困であることが当たり前の国もあるし、自由な発言ができない国もたくさんある。何を持って普通といっているのか。
普通というのは主観によってだいぶ違う。人によって常識が違うのと同様で、こういう形で政治家さんが使うのはちょっと違うと思うのですね。普通に飯が食いたいとか、普通に話がしたい、とかならわかる。でも“普通の国”って言われると、何を基準にしているのですか?それは本当に普通なことなんですか?と問いただしたくなる。普通って表現は本来もっと気をつけるべきなんですよ、普通。


「信頼関係大きく損ねる」
そもそも、この人はいつ飛行を再開しても同じことを言うのだろう。裏返せば、いつも同じ反応しか起こせないので、別のところを優先されるのでは?体質がどっかの野党なんだよね。


posted by しろやん & いなやん at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ASKAにアスはない。byいなやん

もう、同じ日のニュースとは思えない。

ASKA、新作を来月Youtubeで発表「アルバムが到達点直前にいることの喜び」

アップ時間、本日12:08。
これで信じてきたファンも浮かばれるね、そう思った矢先。

ASKA元被告 覚せい剤使用容疑で再び逮捕へ

アップ時間、本日15:02。

同じ日にここまで乱高下する情報があるだろうか。まさにトランプ相場状態。

もうファンが不憫でしょうがない。


posted by しろやん & いなやん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

たかしまあきひこさんのお別れの会に行ってきました。byいなやん

さて、以前にも書いたとおり、本日、たかしまあきひこ氏のお別れの会が催された。

〜たかしまあきひこ「お別れ会だョ!全員集合」〜
2016112216220000.jpg

行こうかどうか迷ってたんだけど、たまたま今日外出の用件が出来たものだから、それにかこつけて、青山葬儀所に足を運んだ。
受付開始時刻丁度に会場に到着。記帳を済ませて一般の人の待ち合わせ場所へ。
2016112216290000.jpg
なんと、記帳した用紙を入れるのが“金だらい”である。
やっぱりドリフなんだよね。これを見ただけでも、来た甲斐があるというもの。

お土産までいただく。
2016112300140001.jpg
お別れの会の式次第パンフレットと、ヒゲを模したクッキー。
一般参加なのに、いただいちゃっていいんでしょうか。感激です。

そう、以前いかりや長介の告別式の時も足を運んだことがあるのだが、その時は記帳しかできなくて、そんなもんだと思って会場に行ったんだけど、なんと一般なのに献花までさせてくれると言う。となれば、最後まで参加せねば。なかなか出来ない経験、この後どうなるのか少しドキドキしながら待合室で待つ。

一般参加は思ったより少なかった。おいら含めて十数名しかいなかった。
もっとファンが来ると思ったんだけど。その十数名の中でも、ファンらしい人はほとんど見受けられなかった。

そして5時。お別れの会が始まる。
スタートは「8時だヨ!全員集合」のメンバーが登場するオープニング音楽。
演奏は岡本章生とゲイスターズ、司会はNHKの阿部渉アナウンサー。なんて贅沢。

岡本章生とゲイスターズですぜ。全員集合のバックバンドですぜ。
まだ現役だったんだ、と、ひたすら感動。

なんと自由民主党幹事長の二階俊博氏が冒頭に弔辞を読む。何でも50年近く家族ぐるみの付き合いなんだとか。その後、山本直純氏の息子、純ノ介氏。NHK第2制作センターエンターテインメント番組部、部長の井上啓輔氏と弔辞が続く。

その後、メモリアルコンサートとして縁ある方々による演奏会が開かれた。
東京マンドリン・アンサンブルの演奏、楊興新氏による二胡、そしてゲイスターズ演奏によるたかしまあきひこさんの作品の数々が披露された。産経テレニュースFNNのテーマ、FNNスーパータイム、パーマン、『野獣死すべし』のテーマなど。その後、ロイヤルナイツの歌を挟んで、たかしまあきひこを語る上で外せない『盆回り』。多岐に渡るたかしまあきひこさんの幅広い活躍が感じられた。

そして、満を持して登場したのが、木ブーだった。
ドリフのメンバーでの参加していたのは木ブーだけだったが、自慢のウクレレ片手に『千の風になって』を立派に歌い上げた。御年83歳、足元もおぼつかなく、如何にも老体だったけど、でもしっかりした声で嬉しかったなぁ。まだまだお元気でいていただきたい。
2016112218210000.jpg
真ん中に立って演奏しているのが、ブーさん。

『飛べ!孫悟空』の『ゴー・ウエスト』の演奏なんかもあったりして、盛りだくさんの内容だった。一ドリフファンとして、参加してよかったなぁ。

ゆかりの品々も展示されていた。
2016112218380000.jpg 2016112218390000.jpg 2016112218420000.jpg

もちろん、献花もしっかりやってきましたよ。

こんなフォトコーナーもあり。
2016112219040000.jpg
果たしてどれだけの人が撮影したのか。
お別れの会にこんなコーナーがあるなんて、故人と故人の周囲の方々が如何にサービス精神旺盛かということがわかるのだが、ファンとしてここを見過ごすことはできない。

図らずも、なかなか得がたい体験をさせていただいた、「お別れ会だヨ!全員集合」。
ドリフフリークとして、かなり上位に来たんじゃないの?なんて。
お別れ会パンフレットは宝物です。

たかしまさん、本当に今までありがとうございました。どうぞ安らかに。

posted by しろやん & いなやん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

特命係に捕まったか。byいなやん

高樹沙耶容疑者 大麻所持の疑いで現行犯逮捕

あーやっちまったか。
相棒の再放送を心配する声が高まるが、無影響は有り得ないだろう。
それでいくと一番煽りをくらうのが、初代相棒・亀山薫こと寺脇康文である。
彼の登場回はほぼ被っているから、地上波での彼の雄姿は当分見ることは出来ないだろう。及川光博は辛うじて見ることは可能だ。危ない危ない。

あ、ってことは「想い出にかわるまで」も放映されないのか。
元よりこっちは地上波はもうないだろうけど。

いずれにしても、参院選で当選しなくて良かったよ。

posted by しろやん & いなやん at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

そしてスネ夫も。byいなやん

訃報が続く。時代を作ってきた人たちの。

声優の肝付兼太さん死去 80歳

平幹二朗も急だったね。息子の平岳大が今年結婚したばかりで、まぁおいらなんかは、そこの処の順番が違っていたから、それは父親に申し訳なく思ってたりするんだけど、そのあたりは親孝行できて良かったね、と思ったりして。

肝付兼太もそれに匹敵する、いやそれ以上の衝撃である。
昨年、ジャイアンのたてかべ和也が亡くなって、そのお通夜の席上、「ジャイアンのくせになぜ先に逝っちゃうんだよ」とスネ夫の声でお別れの挨拶をした肝付兼太。そのジャイアンを追う様に。なんかせつない。

posted by しろやん & いなやん at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

お別れは「盆回り」で。byいなやん

作曲家・たかしまあきひこさん死去

平尾誠二に続き、衝撃の訃報だった。
またひとつ、時代が終わった感じですな。

たかしまあきひこ?誰?という人も多いと思うが、あの「盆回り」(8時だヨ、全員集合!の前半コントが掃ける時の、あの音楽)を作曲した人と言えば、あーあーと思ってくれるに違いない。ドリフ番組とは切っても切れない、まぁ、あえて言おう、「もう一人のドリフターズ」であると。

全員集合、飛べ!孫悟空、バカ殿様、ごきげんテレビ、だいじょうぶだぁ、一度は聴いたことのある音楽を数多く排出。知らなかったがクイズダービーとかも手掛けてたんだね。曲だけでなく、最後のオチの音も非常に秀逸で、ある意味、ドリフのコントとセットになって笑いをとったといっても過言ではない。ドリフのネタはよくマンネリだと揶揄されることがあるが、いかにマンネリと言われても、しっかりと笑いをとれるのは、たかしまあきひこの音楽が大きく貢献しているといってもいい。

お別れの会が11月22日にあるという。
一般記帳はできるんだろうか。できるのなら、ぜひ参加したい。
そのとき流れる曲は、やはり『盆回り』なのだろうか。

たかしまあきひこの偉大なる功績を偲び、たかしまあきひこの作品集とかCDで販売されないだろうか。ぜひ提案する。絶対買います!
posted by しろやん & いなやん at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

お芝居を見てきましたよ。byいなやん

ひょんなことからお芝居を見に行くことになりました。

芝居を見るのはそんなにない。最近見たのは『ウーマン・イン・ブラック』かな?2008年だと思うから8年前。その前が2002年の『魔法の黄色い靴』だからもう14年前。そんな感じですわ。その前になるとしろやんのお芝居を2回かな3回かな。だけど嫌いなわけではないのよ。役者や裏方さんがひとつになって、声と身体と演出で何かを表現するというエネルギーはいいなって思う。要は機会があれば。

お仕事でうちの施設で働いている4月から入社したパートさんが女優をしてましてね。この夏公演が入るので長期休みになるってんで、見に行くよとお約束をしていました。それがこれ。

葛河思潮社 第5回公演『浮標(ぶい)』

4時間に渡る大作ですが、本当にあっという間に過ぎました。
舞台中央に白砂を敷いたメインステージ、その周りを取り囲むように出番を待つ役者の椅子が並ぶ。静から動、オフからオン、静寂の中に浮かび上がるエネルギー。開始とともにすぐに心を奪われましたね。言ってみれば幕と舞台の中とで2つのオンとオフがある。いろいろな人物が登場し、いろいろなやりとりをするがいわゆる“回収”らしいことはしないで、久我五郎と死を迎える妻を登場人物たちがその脇から見守っている、そんな感じに受け止めました。背景が満州事変以降の日本であり、言葉も古いものが多いのでとても文学的。「国文学だなぁ」というちょっと変な印象も持ちました。

演出は長塚圭史。えぇもう声や話し方がお父さんに似ていて。最近俳優の二世が話題になっておりますけれども、やっぱり血ってあるんだなぁと妙に感心。

主演は田中哲司。仲間由紀恵のダンナです。4時間ほぼ出っ放し、しかも台詞が長く役者とのやり取りが激しいので、本当にすごい。芝居の印象と彼の印象がどうしても同体化してしまうのは当然と言えば当然。

第一幕・第二幕・第三幕の三部構成で10分間の途中休憩が2回あったけどさすがに4時間、隣や後ろのおっさんらが舟を漕いだりいびきかいたりしてるし、あちこちでおなかの音がグーグー鳴っている(そういう時間帯)のがちょっと面白かったかな。自分は前述の通り、あっという間の4時間で中だるむこともまったくなく。むしろ、1日の6分の1という時間、異空間へと誘われ「生きること」についていろいろなことを感じさせてくれたことを、とても貴重なことと思うし、こういう機会をもっと他の人にも、例えばこれまで芝居らしい芝居を見たことのない嫁とか、いろんな人に見てもらいたいなと思える、それこそ興味のあるなし関係なく見せたいと思う、良い時間でした。

縁あって見ることになりましたが、とても良かったです。
Yさん、ありがとう。そして今日4日がオーラス。がんばって!

2016090600010000.jpg
posted by しろやん & いなやん at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

ゴッホより普通に開田裕治が by しろやん

あのネタのおかげでアールビバンはどれくらい潤ったのか気になって仕方ない。

<怪獣絵師 開田裕治とウルトラマンの世界展>が池袋ロフトに初登場

ということで、無事にいなやんが間に合ってレポートしてくれた展覧会が着々と巡回している模様。
ロフトが着々とアールビバン化しておりまっす!
実はこういった絵の売り方、あこぎでも何でもなく昔からあるギャラリー商法なんですよね。
ただ昔はお金持ちでないと買えないものなので一般人の知らない世界だった。
それがいわゆる総中流化してお金が分散、ひとりのお金持ちよりたくさんの小金持ちをターゲットに切り替えたのがこのやり方なわけなんですよ。
だってゴッホよりこっちの方が魅力がわかりやすいんですから。
複製プリントだろうがシルクスクリーンだろうが、絵師のサインがちゃんと入ったデカイ絵が自宅を飾ってくれるなら、そりゃ悪い話ではないわな。
言葉巧みな美人の客引きが田舎から出てきた若者にローンで売りつける時代もあったようだけどさ。
さすがにいまはもうそんなのないよな?

この夏は伊豆下田に行ってまいりました。
穏やかで遠浅な美しい海辺は最高でありました。
海に抵抗感のあった子どもたちが喜んでいたのが何よりよかった。
ただ、最高に面白そうだった恵比須島は、ぐるっと1周しただけで、
フナムシの多さにギブアップした娘12歳のためにあまり遊べず残念無念。

恵比須島(撮影は娘)
posted by しろやん & いなやん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

高畑不肖。byいなやん

さて続き。
帰りの電車に乗っていると、車内の電光掲示板の、朝日新聞だったか中日新聞だったかで目を疑うニュースが流れたのである。
高畑裕太容疑者 ホテル従業員に強姦致傷容疑で逮捕
コヤツ、ついこないだの日曜日に「行列のできる・・・」に出演してなかったっけ?
24時間に出るんじゃなかったっけ?
驚愕のニュースである。母ちゃんも大変だ。
一つ言えるのは、「行列」でもやってたが、橋本マナミの見る眼は確かだったらしい。

そんな中、今日の日刊スポーツの見出しは鮮やかだった。
夏目三久アナと有吉熱愛!すでに妊娠 番組きっかけ

一紙だけ取り上げていて異彩を放っていたが、本当か?
本当なら素晴らしいけど。おいらの好きな怒り新党がきっかけなのは嬉しいねぇ。本当なら、ね。

どうせなら、こういうニュースで驚きたいもんだ。



posted by しろやん & いなやん at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

祭りのあと。byいなやん

オリンピックが終わりました。
夏の甲子園も昨日終わって。夏も終わりですなぁ。

オリンピックは日本勢が大活躍したのもあって、楽しく応援できたよね。
出場選手はその競技では超一流のアスリートたち。そのアスリートが懸命の力を振り絞っても果たせないことがある。様々な模様の中でたくさんの涙が映像に映し出されたが、それもまたいたく感動的だった。福原愛ちゃんの涙も、タカマツペアの涙も良かった。吉田沙保里の涙も然り。そこには余計なBGMもナレーションも要らない。脚色するだけそれは“嘘”になるから、何も手をつけずにそのままを見せてくれるだけで十分に胸を打つ。ただでさえ余計な情報が煩わしいのに、何の因果か仕事柄何かしらイチャモンをつけないといけない人もいるらしい。ガッツポーズに物言いをつける奴もいたりして、仕事柄なのかもしれないけど、そういう穿った見方しか出来ないのは不憫にすら思う。おいらは、猫ひろしは勿論、安倍首相のマリオにも、割と好意的に見ているんだ。


SMAPの解散騒動
ネタとしては2回目だからね。なんだかもうそっとしておいてあげたいね。
よーく考えてさ、仕事とはいえ、25年も同じ顔つきあわせるって相当大変ですよ。おいらはいわゆる普通の会社員ですが、同じ会社に20年以上勤めてたって、異動はあるし転職はあるし定年はあるしね。同じ顔で仕事をしたことなんて3年もないよ。誰が原因だとか、あいつがこういった、そいつがこういった、なんて結局、真実は人の数だけいろいろあるわけで、ことさら暴いたって意味はない。でも事実はひとつ。国民に愛されたアイドル、SMAPが年内に解散するってこと。せめてきれいに終わりにさせてあげたいね。



posted by しろやん & いなやん at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする