2012年11月04日

See You Next Time by しろやん

カムちゃん

わが家の愛犬が亡くなりました。
スイス生まれのイタリアン・スピッツの雑種。
気性の荒いところがあって、無駄に吼えまくったり、家の人間に噛み付いたりといろいろ騒動も起こしてくれたけど、ダメなところも含めて家族の一員だった。13歳というのは犬の世界では比較的高齢なんだそうだ。でも、もっともっと一緒に散歩したかった。
また会おう。いまはRIP。
posted by しろやん & いなやん at 04:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

すたびらいざー丼 byしろやん

みんなー今日はひなまつりだよー。
いなやんが忙しそうなので、2月は2エントリしかないやんけ。

ということで大宮に新しくできた「すた丼」の店に行ってきた。
ま、新しいといっても、できたのは昨年12月なんだがな。

オイラ、肉は豚派なんでな。
いつかは行かねばならないと思っていたんだ。いつかはクラウン。

ただね、すた丼は高い。それで躊躇していたんだ。
でもね、豚派なら行っとけという気分だったので行ったんだ。要は気分だ。

<すた丼と松屋豚めしとの比較>
●量が多い。ま、1杯580円なんだから松屋豚の倍でもおかしくはない。
●ちゃんと焼く。松屋は煮豚状態なので、食感の差は歴然。
●肉がにくにくしている。煮固められた松豚よりはそりゃぁね。ホエー豚だし。
●肉薄い。これはどっちもどっち。
●ニンニク強い。これは大きく誤算。職場で息できない。

結論:すた丼は昼食うな。

では、うどん食ってきま〜す!
posted by しろやん & いなやん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

あけましてひどいことに byしろやん

今年もどうぞよろしく。
今年こそもっと更新できるといいなぁ……。

さて、グルーポン経由でおせち料理を買ったら
たいそう貧相なおせちが届いたという話題が。

グルーポンの割引で買ったおせち料理が酷すぎると話題に(痛いニュース)

とにかくスカスカだわ、元の掲載写真とは間仕切りからして違うわ、遅配もしてるらしいわ、煮物腐ってる情報もあるわ、もう何かいろいろ狂っとる。

想定外の注文数が来たためパニクッた結果だと、外食文化研究所社長・水口氏のインタビューも出てきたようだが、判断力最悪だよなぁ。新年早々、ガッカリさせられた皆さんの気持ちを察するに、ボコボコにされちゃえばいいと思うだ。ネット通販で食品を扱う業者のイメージダウンも計り知れないことだろう。根元にあるのはネット通販そのものの問題じゃないのに、そのせいに見えるもんなぁ。「やっぱり対面販売じゃなきゃ信用できない」的な。いや「信用」なんて云い出したら、最終的にはどこまでも疑うか委ねるかみたいな極端な話にたどり着いちゃうんだけど、ネット通販はギャンブルではないわけでな。十把一絡げにハズレくじみたいな目線で見られてしまうのは淋しい限りだよね。

気を取り直してウサギ年らしく、兎の狛犬でお馴染み地元さいたま市の調神社にある兎手水で年初め!

調神社へGO!

何でもウサギにすりゃいいってもんじゃないッ!
posted by しろやん & いなやん at 03:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

野良うさぎ byいなやん

<ペット>ウサギ人気 一方で「飼育放棄」「野良」繁殖も

実家でさ、でっかいウサギを飼っているのよ。なんていうかなー、モップみたいな。
それって、5年ぐらい前に近くの河川敷で、家族が拾ってきたウサギなのさ。
「ウサギなんて本当に捨てる奴いるのか!?」と疑問に思ったりしたんだけど、
この記事を見たときに、ふとそのことを思い出したよ。

言っておくけど、ウサギってなつかないよ、基本。独立心が強い。
ほら、よく言うでしょ。ウサギは寂しすぎると死んじゃうって。あれウソですから。
においもきつくないというけれど、実際はきついです。やっぱりケモノですから。
生き物ですからでかくもなりますって。おもちゃじゃないんだから。

飼う前にさ、どれだけ大変なのかとか、大きさとか、リスクとか、そういうのを調べるのが当然だと思ってたんだけど、そうじゃない奴も結構いるってことか。外来種の昆虫やら爬虫類やらが増えたとか、逃げ出したとかいうニュースも多いじゃない。そういうのを見るたびに、何でも飼ったり売ったりすんじゃねーよむかっ(怒り)って思うんだけど、何ていうか、そういう“生き物が生きている”ってことへの基本的なモラリズムがやっぱり欠如しているんだな、近頃の日本人は。
 

こんなことがこないだあったのね。
若い母親2人が道端でおしゃべり。3歳ぐらいのどっちかの子どもが退屈してうろちょろしてたんだな。で、道路に出ちゃったりしてたもんだから、ちょっと危ないと思ったのか、その母親がその子に向かって注意するんだけど、それがさ、「ハウス!」って言うのよ。
おいおい、犬じゃないんだからもうやだ〜(悲しい顔)。ちょっとびっくりしましたわ。その母親は何気なく悪気なく使ってるんだろうけれど、その根底にやっぱりどこか“ペットと同様”な意識があるんだと思ったのね。それと、そういわれている子どもが大きくなって、やがてその意味がわかってきたときにどう思うんだろうって、ちょっと可哀想にも思ったね。

ペットがまるでおもちゃのように扱われ、
わが子がまるでペットのように扱われ。

なんだか暗澹たる思いにかられたのである。

posted by しろやん & いなやん at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

エントリ数1000達成〜で、原点にカエル byしろやん

はい自らオメデトウ!

主にいなやんのおかげで大台に乗っかったわけであります。
でも、記念のエントリはオイラが奪うということでな。

先月は「斬る」開始以来初の毎日更新も達成していたりするし、やはり2人でちゃんと書けばよいわけですよ。もっと頑張れよ自分!的な。

さて、動物だ。しかも古代の。

兵庫・丹波でカエルの化石発見 密集した状態は国内初

白亜紀といえばティラノサウルスにトリケラトプス、プテラノドンといったみんな大好きな恐竜がわんさか出てきた時代なのだけど、カエルもいたんだな。ちなみにワニなんかもいた。しかも恐竜より強いの
恐竜の時代といわれて想像する世界は現代とはまったく違うものだという先入観が誰にだってあるだろうけど、現生生物と姿かたちが微妙に異なるとはいえいたことはいたんですな。よくよく考えてみりゃ海の生物が進化して陸地に上がった最初の動物は両生類だったなんて話も頭には浮かぶんだけど。恐竜と一緒に暮らしていたっていうのがどうもピンと来なかったりする。そこで、そんな世界を化石が証明してくれて想像力を補完してくれるというわけだよ。でも、恐竜時代のカエルはあまり知られていない。そういう意味でもこのニュースは大きな役割を果たしてくれているんだね。よくやった。

それにつけても発見した少女のこの顔
オイラも秩父辺りに掘りに行きたくなっちゃったよ。

こんなカエルは漫画の中だけだがな
posted by しろやん & いなやん at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

小田原城のゾウさん byしろやん

小田原城って大好きなんだよね。天守閣は狭いけど海も山も見えるし、城址公園にはゾウもいるしね。一人旅で行ったのが最初で、奥さんとデートもしたし、昨年もうちの娘連れて行ったなぁ。たまたまゾウさんは部屋に引っ込んじゃった後で窓枠の間からちょっと見えただけだったけど。

で、そのゾウさん「ウメ子」さんが先月お亡くなりなっていたんですな。知らなかったもんで驚いた。

ウメ子:国内最高齢「62歳」アジアゾウ逝く 小田原

ゾウのウメ子へファンのメッセージ4600通/小田原

10/17にはお別れ会があるらしいので、行ける人は行ってくだされ。オイラは仕事だぜ。
何かこれを機会に城址公園から動物エリアをなくしちゃう話もあるらしいね。残念だけど、ゾウ以外は臭い猿とか鳥くらいだったもんなぁ。とにかくゾウさん大好きなオイラとしては本当にお疲れ様でしたと心から申し上げたい。RIP。

「ウメ子」さん
posted by しろやん & いなやん at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする