2017年10月03日

残酷な小池のテーゼ。byいなやん

今日仕事で外回りをしていたら、ホラーな光景を見てしまった。
なんと、道路横の歩道でカラスがハトを食っていたのである。
カラスが襲ったのか、すでに死んでいたハトをついばんでいたのか。
道の上はハトの羽毛が一面に広がり、ハトの首から上は無く、いずれにしても、自然の残酷な側面を目の当たりにしてしまった。

「うわぁ・・・」
でも、何だかそれは何かを暗示しているかのようでもあった。
カラス(タカ派・小池)がハト(ハト派・リベラル)をついばんで食いまくっている。
後に残るは落ちた羽根(落選)の山だった・・・ってね。

小池率いる「希望の党」。どうなんすかね。
若狭も細野も離党組。そこに民進から公認求めて擦り寄ってきた候補者たちによる、まさに「寄せ集め」政党だ。どうせ近いうちに離合集散を繰り返し、別の形になるだろう。理念も大義もへったくれもない。さらに惨めなのは、尻尾振ってやってきたのに公認されなかった連中だ。利用価値が無いと烙印を押されたようなものだ。その点では、大義のない解散とかヤンヤ騒いでたけど、立派に大義があったじゃないですか。こういう無節操極まりない政治家が白日の下にさらされたわけだ。

多分、衆院選に小池は出ないと思いますけどね。
優秀な政治家は、負ける戦はしないもんですよ。

posted by しろやん & いなやん at 20:43| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

ウルトラセブン50周年に思ふ。byいなやん

50年前の今日、1967年10月1日、エポックメイキングな作品が放映された。
その名は『ウルトラセブン』。
今でも大人から子どもたちまで心を掴んで離さない。古いんだけど古くない。怪獣やロボット、星人たちのユニークかつ秀逸な造形。ウルトラホークや基地などのメカデザイン。見終わった後、ふと深く考えせられるドラマ性。ひし美ゆり子さん演じるアンヌ隊員。等等。

今なお様々なウルトラシリーズが誕生しているが、その源流は、もちろん「ウルトラQ」だったり「ウルトラマン」だったりするのだけれど、この「ウルトラセブン」が登場したからこそ、ここまで続いたのではないかと思っているし、恐らく多くの方がご納得いただけると思う。最終回、ダンとアンヌのシーンは、もはや子ども番組をはるかに超越している。

50年経ったことだし、封印された12話をそろそろ解き放して欲しいと切に願うのだが、それはやはり無理な願いかなぁ。ちなみに、
現在も公開されている「散歩する侵略者」は、作者は絶対セブンを意識してると思うのだが。そのタイトルからして。どうでしょう。

posted by しろやん & いなやん at 16:38| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

まさに国難。byいなやん

TBS“偏向報道”に安倍首相が大逆襲

安倍首相出演のNEWS23で「モリカケ!」

昨日、衆院解散を発表して早速各メディアに出演。
解散の意図を伝えるためには生放送の番組で語るのは確かに有効だ。
会見の話なんてどう編集されるかわからんもんね。

でも、昨日たまたま「NEWS23」見ちゃったんだけどね、まぁひどかったですよ。
首相の、こういっちゃなんだが日本の代表である長がですよ、どんな内容であれ、懸命に話をしてるにもかかわらずですよ、真ん中に座っている星浩?ですか?話なんか聞いてねーんだよ。目線落として手元なんかいじって。おまえ誰だ?そんなに偉いんか?いやーひどかったですねぇ。

本当に失礼な番組だ。
あんまり失礼なので、速攻チャンネル変えましたけどね。
モリカケなんて、どーでもいいんだよ。
そんな瑣末な問題に飛びついて、国の内憂外患、本当に大事な部分を差し置いて、モリカケモリカケってなんだよ。その方が視聴者も飛びつくってか?バカにするのも大概にしろ。っていうか、バカになるからこんな番組見ないほうがいい。

もう報道はTBSは見ないほうがいいですよ。頭が悪くなります。

posted by しろやん & いなやん at 20:33| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どちらかといえば・・・byいなやん

シャンシャンと聞くと、やはりこちらを思い出し。懐かしさがこみ上げる次第。
愛よりも青い海〜 って、そうか、「藍より青し」をもじってるんだ、と26年経過した今日気づく。


チャンリンシャンよりスムース娘



やっぱりこれでしょ、これ。
リンスがすごいっ!

この娘が25年後ニュースのコメンテーターをするなんて、思いもしなかった。
でも応援してます。

posted by しろやん & いなやん at 19:35| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

いなやんがチャンリンシャンとか云いだす前に by しろやん

上野に産まれた子パンダの名前がシャンシャン(香々)に決まったそうで。

シャンシャンで検索ぅー!

かわいいよね〜フォン・シャンシャン(わりとマジで)。

さて、上野のパンダに動きがあると値上がりする株があるんだそうで。

パンダ関連銘柄一覧

どこにご祝儀を出したものかわからないから、とりあえず関係があるような気がしないでもない株でも買っておくかぁという発想でもあるらしい。
そんなわけでフォン・シャンシャンちゃんをはじめ、世界中のシャンシャンちゃんの株も上がるんじゃないかと。そんなにいねぇかシャンシャンって名前。



posted by しろやん & いなやん at 19:28| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

時を越えて、ファンでいられるか。byいなやん

はい、ということで、
今日9月20日は小田さんの誕生日であります。おめでとうございます!

ついに70!名実ともに大台。『古稀』であります。
今年もいろいろなアーティストのステージに参加したり、CM曲を提供したり、現在も水面下でいろいろ動いているらしくて、まさに活動の留まることを知らない、それこそ泳ぐことをやめたら死んでしまうサメやカツオのような。
何だかもう、すごいを通り越して、“化け物”染みてきた(失礼)感も出てきております。

でも、おかげで私どもは素晴らしい時間を今なお頂けている訳で、
本当にありがたい話でありますなぁ。

昔オフコース当時、 『NEXT』というビデオ作品が制作されたが、その中で再結成ライブを「このまま待っていたら(中略)小田さんやヤスさんは50!」みたいなセリフがありまして。今やそれをはるかに越えて、70ですがな。それだけでも感慨深いというものです。

ちなみに『NEXT』が制作されたのが35年前の1982年。
TV放映されたのは9月29日。

もう少し、もう少しだけ。
追いかけて、追い続けさせて、くださいな。


そういや、斉藤由貴があんなことになって、
今年のクリ約のナレーションは、どうするのかや?

興味は尽きない。



posted by しろやん & いなやん at 17:59| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

最近、達郎がにぎやか。byいなやん

いなやん、ひさしぶりの更新。
気がつけば、プロ野球もセパとも優勝が決定。優勝が決まると、秋ですなぁ。

先日、しろやん家族と一緒にボーリングをやりましてね。
いやーボーリングなんて久しぶり。もう10年近くやってないかな?少なくとも結婚してからはやってない。でも娘がやりたいなんて言い出したから、そろそろいいかな?なんてね。

ところが。

その結果。

あえなく惨敗

2ゲームやって2ゲームとも100いかなかった。。。無念ナリ。

投げる感覚をすっかり忘れとる。
娘はそれなりに楽しんでくれたようで良かったんだけどねー。思い切り不本意。
こ、こんなはずでは!?ということで、しろやんリベンジマッチをお願いします。


山下達郎 ライブで大声で歌う客に苦言

御意。おっしゃるとおり。よくぞ言ってくれました。
以前から本ブログで苦言を呈しているが、本当に迷惑。仮に静かに歌ってるとしても、周囲にいるものにとっては耳障りでしかない。会場は音が大きいから、自分の声は小さく感じるかもしれないが、周囲の人には結構聴こえてるもんだ。アーティストが一緒に歌えと煽るのもあるが、それは「演出」であって構わないけど、正直、それもやめてほしいとさえ個人的には思っている。

ついでに言えば、
・曲中も関係のない話をしまくる。
・曲の合間に名前を呼んだりするんだけど、タイミングが合わなくてイントロと被る。
・どうでもいいことをステージ上に話しかけて、周囲の顰蹙を買う。
・ピアノ曲など余韻を楽しまずに、早い段階で拍手をしてしまう。
・へんな合いの手を入れる。
・いびきをかく。

など、そういうのもやめてほしい。
例えば、クラシックとか歌舞伎なんかでそれやったらつまみ出される。
そういうもんですよ。
昨日は敬老の日。高齢者率27.7%だってさ。年を取ると、どうしても自分本位が際立ってくるけどね。ライブやコンサートで大切なのは調和ですから、それができない人は行かないほうがいい。というか、行くな。

山下達郎のような大御所がおっしゃってくれていることが貴重。ありがたい。
いや〜、本当にありがたい。


posted by しろやん & いなやん at 16:53| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

サラバ・リメンバー! by しろやん

聴きながらニヤニヤしっぱなしである。



相変わらずの東京カランコロン
実にトンガッたアヴァン・ポップ・バンドである。
似たバンドを知らぬ。
みんなに聴いてほしい。でも聴いてほしくない。
みんなに知ってほしい。でも教えたくない。
posted by しろやん & いなやん at 00:23| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

ぼくのなつやすみ2017 by しろやん

この夏は名古屋から博多まで行ってきたよ!

リニア・鉄道館でもらえる切符
もちろんウソだよっ!
券面をよく見ればわかるよね。
そんなわけで毎年だいたい静岡あたりでウロウロ遊んでいたのだけど、さらにちょっと足を伸ばして浜名湖から名古屋まで行ってきたんだよ。

主要訪問場所
主な訪問場所はこちら。

浜松城
基本は城攻めということでまずは浜松城。いつクレームが来てもおかしくなさそうなゴツイ石段を登り制覇。「おんな城主・直虎」にも出てきてそうな城だが恩恵を受けているのかよくわからなかった。
ちなみに昼飯はさわやか

うなぎパイファク前にあるうなぎパイトラック
続いて、うなぎパイファクトリー城を制覇。基本は工場見学です。しかしユーザビリティーをめっちゃ意識したつくりで、サービス精神をこれでもかと注ぎ込まれた内容に驚愕。これは来た人みんな、うなぎパイのファンになって帰るよなぁというものだった。

浜名湖夕景
浜名湖では静岡版むさしの村みたいなレトロ感がたまらない浜名湖パルパルを横目に、スワンを漕ぎまくり。夕陽きれい。

名古屋城遠景
翌日はメインの城攻め。あれに見えるは……。

名古屋城
名古屋城やで。いやーデカイ。浜松城がカワイイと思えるほどの規模。

忍者ってか、くのいち
一緒に戦った忍者隊のくのいち凛ちゃん(顔半分見えなかったけどたぶん美人)。

リニア・鉄道館
最終日は噂のレゴランドを横目にリニア・鉄道館。最初の切符はここでもらったのさ。

最速の歴史
リニアに至る鉄道車両最速の歴史など、充実した展示に唸らされる。地元の鉄道博物館とはまったく異なる魅力があり、なかなか楽しかった。まぁ、奥さん&少年8歳の鉄オタコンビのリクエストに応えただけのチョイスだったんだが。あいつら名古屋駅からふたりで電車乗って来る始末だから(わたしゃ娘とふたりで車移動)。

そんな夏休みでございやした。来年はどこ行こうかな?
posted by しろやん & いなやん at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする